ピックアップ作品

更新日:2011年4月28日

ブラック・スワン

ブラック・スワン

動画を見る 2M 500k

ストーリー

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するニナは、元ダンサーである母親の熱烈なサポートを受け、ひたすらバレエに打ち込んできた。ある日、長年バレエ団の名プリマであったべスが引退を表明。新たに若いダンサーたちから、次回の演目「白鳥の湖」のプリマを決定するという話が舞い込み、長年の夢を叶えようと、全力でオーディションに挑むニナだが…。

キャスト

  • ニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)

    ニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)
    母親の過剰なサポートを受けて、バレエのみに心血を注いできた若きダンサー。演目「白鳥の湖」のプリマに抜擢され、大喜びするも初めての大役を担うプレッシャーに押し潰されそうに。また、自分にはないエキゾチックな魅力を持つ代役のリリーに脅威を持つようになる。

  • エリカ・セイヤーズ(バーバラ・ハーシー)

    エリカ・セイヤーズ(バーバラ・ハーシー)
    アッパー・ウェストサイドに住む、ニナの母親で元ダンサー。ニナを授かったためにダンサーの夢を諦めたことから、娘に自らの夢を託し、執拗なまでの愛情を注ぎこむ。しかし、娘を守ろうと過度に監視をするようになり、次第に常軌を逸っした行動に出はじめる。

  • リリー(ミラ・クニス)

    リリー(ミラ・クニス)
    奔放で妖艶な魅力を持つ、ニナの代役。真面目なニナとは対照的に、クラブで踊りたおし、食事制限も気にせずにハンバーガーをほうばる自由な性格の持ち主。寝坊したニナの変わりに、素知らぬ顔でリハーサルの代役を務め、さらにニナの不振をかう。

演目「白鳥の湖」にまつわる狂気の物語

  • 演目「白鳥の湖」にまつわる狂気の物語 チャイコフスキーの3大バレエのひとつ「白鳥の湖」は、悪魔の呪いによって白鳥の姿に変えられた乙女が、王子の真実の愛に救われるか否かという物語。「白鳥の湖」の演目を踊るためには、純粋で気品のある白鳥と、狡猾さと官能性を併せ持つ黒鳥の両方を演じなければならない。しかし、バレエのみに人生を捧げてきたニナは、思春期になっても着替えを母親に手伝ってもらうような真面目な“いい子ちゃん”。さらに、バレエ団の看板プリマであるべスの口紅や香水などを時折盗んでは、自分もいつか彼女のようになれる日を夢見るなど、あまりにも稚拙なニナには、悪魔を誘惑する黒鳥を演じることはハードルが高いことであった。

    心の成長がともなわないままに完璧を求め続ける彼女は、次第にトップに立つ重圧、ライバルの出現を脅威に感じはじめ、幻覚と現実の境目がつかなくなっていく。本作は、そんな主人公の心理状態を、映画全体に流れるオペラのような展開と不協和音が入り交じり、ピンと張った伏線が張りめぐらされた、終止全神経が研ぎ澄まされるような緊迫した映画に仕上がっている。

『レスラー』の監督が描く、臨場感溢れるバレエシーン

  • 『レスラー』の監督が描く、臨場感溢れるバレエシーン監督を務めたのは、ミッキー・ローク主演で描いた『レスラー』(2008)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したダーレン・アロノフスキー。優雅で華やかなバレエのステージに隠された、激痛を伴うレッスンや過度な体重制限、常に美を追求するプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、バレエというひとつの“芸術”に全身全霊を捧げるダンサーたちの舞台裏を見事に抽出。ハンディカメラを巧みに駆使し、ダンサーたちの息つかいまで聞こえる臨場感のある映像でみせていく。

    さらに、4歳から13歳までバレエ経験のあったナタリー・ポートマンは、本作のため、撮影の約1年前から1日5時間にわたり過酷なレッスンでダンスを習得、劇中に登場するニューヨーク・シティ・バレエ団のプロのダンサーたちにひけを取らないバレエシーンは圧巻の一言!

ナタリー・ポートマンがついに、アカデミー主演女優賞受賞!

  • ナタリー・ポートマンがついに、アカデミー主演女優賞受賞!1994年、リュック・ベッソン監督のヒット作『レオン』で、約2000人のオーディションの中からマチルダ役に大抜擢され、13歳にして世界中に強烈なインパクトを残したナタリー・ポートマン。以後、25本以上の映画に出演してきた彼女はこれまで、ストリッパー役の大胆な演技が話題となった『クローサー』(2004)や、スキンヘッドで反骨精神を唱える女性を演じた『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005)など、幾度となくアカデミー賞受賞を囁かれてきた。

  • しかし、どの作品を通しても『レオン』でみせた、少女のあどけなさをどうしても払拭できないように思えた彼女だが、本作ではそのイメージを逆手にとり、少女が大人へと変化する過程で、過度なプレッシャーから精神に異常をきたしていく不安定な脆さを見事に体現!ついに、アカデミー主演女優賞という名誉を手にした。さらに、本作で振付師として参加したニューヨーク・シティ・バレエ団のスターダンサー、ベンジャミン・ミルピエと、婚約、妊娠を発表するなど、私生活でも女優としてのキャリアとしても、ナタリー・ポートマンにとって分岐点となる1作になったに違いない。

作品data
タイトルブラック・スワン
公開2011年5月11日(水)全国ロードショー
配給FOX
監督ダーレン・アロノフスキー
出演ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラ・ハーシー
作品区分R-15

(C) 2010 Twentieth Century Fox

ページの先頭へ

バックナンバー

 | eo 映画トップ |  映画ニュース | 関西映画館一覧 | 試写会・プレゼント  | 特集 | 10秒アンケート |