地車型分け図鑑 〜代表的な地車の型を画像と文章で徹底解説!〜

【はじめに】

近畿地方一円には、約900台の地車が現存しています。曳行形態はもちろんのこと、「ところ変われば品変わる」の言葉のとおり、多種多様な形、意匠が施された地車が存在しています。

これまで、地車研究の諸先輩方により個人的に、その形・構造・意匠・製作年代・製作大工・地域的な分布など、様々な観点で分類がおこなわれ、多種多様な名称で呼び慣わされ、その呼び名が流布しているのが現状です。
したがって、同一の地車が○○型と呼ばれる一方で、××型と呼ばれていたりしています。

また、製作されてから年月を経て、老朽化のために修理・改修がこれまで幾度となくおこなわれ、その原型すらうかがい知ることのできない地車が数多く存在し、分類も複雑困難になってきています。

そういう点をふまえ、できるだけわかりやすく地車の型分けをおこなったのが、この『地車型分け図鑑』です。

上だんじり(上地車)の分類については、文献や資料も乏しく、私なりに疑問点もあるのですが、地車研究の参考になれば幸いです。

2009年10月 泉州堺のだんじり馬鹿 記す

岸和田型
岸和田型
大阪型
大阪型
堺型
堺型
板勾欄出人形式 住吉型
板勾欄出人形式 住吉型
擬宝珠勾欄 住吉型
擬宝珠勾欄 住吉型
折衷型
折衷型
神戸型
神戸型
宝塚型
宝塚型
北河内 讃良型
北河内 讃良型
北河内 交野型
北河内 交野型
石川型(俄だんじり)
石川型(俄だんじり)
船型
船型
社殿型
社殿型
広陵型
広陵型
分類の難しい地車
分類の難しい地車

上だんじりと下だんじり

分類の難しい地車

『岸和田型』地車のことを「下だんじり(下地車)」、それ以外の形の地車を「上だんじり(上地車)」と呼びます。
上地車は、様々な観点から細かく分類すれば20種類以上にも別れ多種多様であるのに対し、下地車は岸和田型一つのみを指します。

この呼び名は、昭和40年代から地車研究家の間で呼び交わされてきた呼称で、泉大津市と泉北郡忠岡町の境界のあたる『大津川』の北と南で、曳行されている地車の形態が異なっていたことに由来しています。

上地車と呼ばれる地車には、『担い棒』、『肩背』、などと呼ばれる枠が付いているのに対し、下地車と呼ばれる『岸和田型』地車には付いてないのがこの分類の根拠です。

近年、「重心が上にあるから」とか「下にあるから」だとか、誤った解釈が伝わっていたりします。
くれぐれも、ご注意ください・・・!

分類の難しい地車