地車型分け図鑑:石川型(俄だんじり)

※写真をクリックすると拡大します。
石川型(斜め前)
石川型(斜め前)
石川型(側面)
石川型(側面)
石川型の屋根廻り
石川型の屋根廻り
石川型の腰回り
石川型の腰回り

富田林市・河南町・千早赤坂村などの南河内地域で見られる形態の地車。
南河内を流れる石川流域で見られることから、地車研究者の間では「石川型」と称されている。
地元では、前部に大きく張り出した「縁」を舞台代わりに『俄芝居』が演じられることから「俄だんじり」と呼ばれている。

江戸期に活躍した富田林の大工組、「新堂組」の流を汲む大工の手により製作されたと考えられ、現存するものの多くが江戸末期から明治期に製作されたと推測できる。

部材は、彫物を含め「檜材」が多く使用されている。
屋根の勾配は急で、その破風型は急な曲線を描く。大屋根と小屋根の段差は非常に大きく、上だんじりの中でも最大。
屋根は八本の通し柱で支えられており、腰廻りには他に添え柱も施されている。これは『俄芝居』を演じるために「縁」を大きく張り出させているための補強とも考察できる。
大屋根の枡組は柱の関係上、側面左右に各三箇所と正面枡組の間にも一つ組み物が施される。小屋根後正面も同様である。
柱と柱の間に施される「虹梁」は、二段ないし三段が一般的であるが、中には四段で細工されているものも存在。
『幕式地車』であるため、土呂幕・見送り部分には彫物は施されておらず、脇障子も付かない。
梶を取るための後梃子が付く。