地車工匠事典〜岸和田型地車編〜

歴史を継承する技 地車に懸ける心意気 だんじりの魂を作事する匠

   

地車工匠事典 検索結果12

<た行>

高橋 若左衛門たかはし わかざえもん [大工]
屋号は《大若》。岸和田市筋海町に居住した大工棟梁。明治13年(1880)地元筋海町三先代[現熊取町小垣内]地車を作事。寺社建築にも腕を振るったと云われ、門下の森某(名前不明)は、大正10年(1921)に筋海町先々代[現熊取町五門]地車等を作事する。
武田 某(名は不明)たけだ ? [大工]
屋号は《大徳》。武田工務店。生没年不詳。昭和25年(1950)岸和田市八幡町先々代[現泉佐野市樫井西]地車を作事。
田中 隆治たなか りゅうじ [大工]
有限会社隆匠棟梁。昭和29年(1954)8月21日岸和田市筋海町生まれ。数々地車を手掛ける。平成14年1月1日独立。平成19年堺市西区津久野中組などを作事。
田端 辰次郎たばた たつじろう [大工]
屋号は《大弥三》。明治元年(1868)〜昭和18年(1943)。明治33年(1900)岸和田市大工町先代[現貝塚市名越]地車、大正11年(1922)中町地車、昭和7年(1932)本町地車など姿見の美しい地車を作事。二重見送りは辰次郎が考案した細工である。
田端 元一たばた もといち [大工]
屋号は《大弥三》。明治30年(1897)〜昭和51年(1976)。田端辰次郎の跡目息子。昭和31年(1956)岸和田市土生町地車などを作事する。
高橋 新太郎たかはし しんたろう [彫物師]
大正14年(1925)堺町地車の製作などに従事する。
高濱 輝夫たかはま てるお [彫物師]
屋号は《木彫高濱》。昭和44年(1969)11月22日岸和田市本町生まれ。昭和63年(1988)3月14日、岸田恭司に入門。平成17年(2005)5月1日独立。
立川 靖夫たてかわ やすお [彫物師]
昭和38年(1963)9月24日泉大津市生まれ。昭和61年(1986)中山慶春に入門。平成7年(1995)より雲棧洞美術院にて松田武幸とともに地車彫刻を手掛ける。
田沼 源治たぬま げんじ [彫物師]
一元林峰最後の弟子。横浜あるいは埼玉の人といわれる。林峰亡き後、兄弟子 一元正に付き従う。昭和7年(1932)泉佐野市日根野久ノ木[現高石市南(三区)]地車などを彫刻。
玉井 行陽たまい ぎょうよう [彫物師]
慶応2年(1866)〜昭和12年(1937)。岸和田浜町の大工棟梁「玉傅」こと玉屋信吉の子。幼名は熊吉。大正4年 本町先代[現忠岡町生之町]地車、大正5年 中北町先々代[現和泉市黒鳥坊小路]地車、大正7年 南町先代地車[現高石市高磯(二区)]など多数の地車を彫刻。
筒井 伸つつい しん [彫物師]
《木彫筒井工房》二代目。筒井領Y 次男。昭和39年(1964)12月11日生まれ。昭和55年(1980)父に入門。平成8年(1996)岸和田市稲葉町西地車などを彫刻。
筒井 嶺Y(和男)つつい りょうよう(かずお) [彫物師]
屋号は《木彫筒井工房》。本名 和男。昭和9年(1934)9月10日〜昭和61年(1986)12月20日。淡路生穂生まれ。木下舜次郎一番弟子。昭和59年(1984)岸和田市荒木町地車などを彫刻。
※2007年発行『岸和田だんじり読本』より著者の許可のもと引用・一部修正をおこなっています。