祭礼用語集

だんじり祭に関連する祭礼用語を解説します。

     

祭礼用語集 検索結果2

<ら行>

らくさくらくさく
だんじり祭り終了後、関係者や団体でその労をねぎらうために行われる打ち上げ。
龍踊りりゅうおどり
主に大阪市内各神社やその周辺地域の祭礼で地車囃子に合わせて踊られている踊り。龍が天に昇るさまを模して。踊り手が指を曲げ手や体をくねらせて天に昇る龍を表現している。元々は囃子に合わせて体を動かす楽車(だんじり)踊り。天満宮境内にあると云われる龍の絵巻物(彫物との説もある)に因んで「龍踊り」と呼ばれるようになったとの言い伝えがあるが定かではない。別の流派では龍踊りとは異なる踊りが派生し、「狸踊り」という名称で発展したケースもある。また、龍踊りは必ずしも龍の動きやイメージにこだわる必要はなく、リズムや雰囲気を重要とする。踊り手一人ひとりの表現力や創造力といった力量が問われる芸能でもある。
龍踊り