世界のdenki生リポート:イギリス編世界のdenki生リポート:イギリス編

記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

趣あるお家も、実は…【イギリス】

みなさん、こんにちは (^ ^) イギリス生活11年目になるSAYです!
昨年、スコットランドの大学を卒業して、
今もスコットランドの首都であるエジンバラに住んでいます。

12月になるとスコットランドは凍えてしまうほど寒い毎日が続きます。
そんなエジンバラもクリスマスモード一色!
…というわけで、私からの最初のリポートは、少し時期外れになっちゃったけど、
エジンバラのクリスマスの話題から♪

エジンバラのクリスマスマーケットは、スタンドが本格的で
まるで本場のドイツにいるみたい!

観覧車もある!

ドイツ発祥のくるみ割り人形も売ってるなんて本格的!
でも、こんなに並んでるとちょっと怖い…(笑)

日本でもお馴染みのタータンチェック柄。
実は、スコットランドの伝統的な装飾模様なんです!
そんな名物品もクリスマスマーケットで販売してるのね♪

さぁ、ここからが本題!
街並みはキラキラしていても、寒いものは寒い!
そんなエジンバラで生活を送るためには、どこの電気会社を選ぶかは大事なこと。
エジンバラの学生さんに、「どうやって電気会社を選んでいるの?」とインタビューしてみたところ、「安さ」で選んでいるみたい。学生ですものね(^ ^;)

「インターネットで、どの電気会社が安いかを比べてから選んでるんだ。
特にエジンバラの建物は窓が古いままで、隙間風がすごく入ってくるからね…
だから、冬になると暖房を長い時間つけてることが多いから安くないと困るんだよ。」

確かに隙間風が通りそう…
「窓だけじゃないよ!昔ながらのチムニー(煙突)が家にあるから、
そこからの隙間風も入ってくるんだ。」

昔は部屋を暖めてくれていた暖炉が、今では部屋を寒くしているなんて(; ;)
少しでも隙間風を入れないようにと、大きなお皿を暖炉の前に置いて工夫していますね!

インタビューをしたら、部屋の中まで見せてくれた学生さんたちの優しさに
心が温まると同時に、学生さんの暮らしぶりを見て、聞いて、
寒い国での生活には電気は欠かせないということが身に沁みました(≧▽≦)

そんな中でも、明るく元気な学生さんたちに心をほっこりさせながら、
初インタビューを終えることができました☆

次回は、ロンドンからお伝えしますd(^ ^) お楽しみに~♪

【次のレポート】 冬の暗さと明かりを楽しむ、ドイツのクリスマス →

  • facebook
  • twitter