ホーム > boulangerie MAISON MURATA

周辺のお店

お店詳細
  • MAISON MURATA

    ミエル ノアゼット レザン220円など、ハード系パンが特に充実

  • MAISON MURATA

    メロンパンも人気アイテムの一つ

  • MAISON MURATA

    生地や食材の素材感を生かした菓子パンも多い

  • MAISON MURATA

    店主の村田さんは、神戸で修業後パリへ

  • MAISON MURATA

    手作り感のある店内は、白が貴重で清潔感もあり明るい

  • MAISON MURATA

    おしゃれな雰囲気がありながらも、昭和な雰囲気の商店街に溶け込んでいる

パン・サンドイッチ 神戸市兵庫区

ブランジェリー メゾンムラタboulangerie MAISON MURATA

パリの風を感じさせるしなやかなブーランジェリー

神戸のなかでも南の端。和田岬に店を構えるブーランジェリーがパンファンの注目を集めている。店主の村田さんは、17歳で神戸のビゴの店に入社。その後22歳でフランスに渡りパリ9区のメゾン・ランドゥメンヌで5年半修業したという、マイルドな物腰からは感じられない骨太のパン職人。
 
作るパンも頑なまでのフランス志向なのかと想像するがそんなことはなく、どちらかといえば、お客さんのニーズや気持ちに寄り添ったパンを焼く。
 
例えば、得意であり期待されるカンパーニュなどのハード系のパンをたくさん提供しているが、酸味の強い酵母とあまり酸味のない酵母を用意。商品によっては酸味のない酵母でハード系パンを焼き、ファンのハードルを下げる努力をしている。またクロワッサンもバターを少なくし、卵を加えるなど、日本人の味覚や気候に合うようにしたものを作る。
 
店頭に並べるパンは1日約40種。特に評価の高いハード系が多いが、焼きカレーパンやクリームパンといった定番菓子パンもMAISON MURATAらしいしっかりした仕上がりで好評だ。
 
決して、好立地とは言えない神戸の外れながら、連日パンファンが押し寄せる。もちろん周辺住民や近くのオフィスで働く会社員も常連で、ヴィッセル神戸ファンが最近はすぐそばにあるノエビアスタジアム神戸で行われる試合前に訪問、観戦中の食事としてパンを購入しに来る姿が見受けられる。
 
クロワッサンを購入したファンには、さり気なく自宅で食べる際のアドバイスを書いた紙を1枚、袋に入れてくれる。そんな心配りで土日のパンフリークから、地元会社員、サッカーファンまで、しっかりトリコにしてしまうのがMAISON MURATAの強みだ。

おすすめメニュー

  • MAISON MURATA クロワッサン

    クロワッサン180円/バター少なめで卵を使うなど、フランスでの修業を活かしつつ、日本人の口にあうよう仕上げた店を代表する人気商品

  • MAISON MURATA

    ミエルカンパーニュ200円/ハチミツ入りのカンパーニュにラムレーズンとバタークリームをサンド。フランスらしい甘さが心地いい。カフェクリームもあり

  • MAISON MURATA

    カンパーニュ220円/天然酵母を一晩じっくり寝かせて熟成させた生地を焼き上げた。しっかり酸味があり、チーズや生ハムなどと合わせたい味わい

注目ポイント

  • MAISON MURATA

    冷蔵のショーケースには、たまごコッペ200円やツナサンド340円、タンドリーチキンサンド320円など、素朴なスタイルのサンドウィッチ類が並ぶ

  • MAISON MURATA

    店があるのは、和田岬駅前の昭和感漂う笠松商店街。店の向かって左側の建物が工房になっており、のんびりとした環境の中で多彩なパンが焼かれている

  • MAISON MURATA

    ワインにすごく合うサラミとターメリックのフランスパンなど、挑戦的なともいえるパンもおいしい。1g=2円で、必要な分を購入できるの日常パンとしてうれしい

店舗情報

店名 boulangerie MAISON MURATA
住所 兵庫県神戸市兵庫区小松通2-3-14
電話番号 078-384-0234
営業時間 7:15~17:30(売り切れ次第終了)
定休日 水曜、日曜
予算 1,000円
交通アクセス 神戸市営地下鉄和田岬駅より徒歩2分
チェック
    テイクアウト
(更新日 2017年06月27日)

お知らせください!

掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。