この街、この名店 ~関西エリアのテーマ別グルメガイド~

更新日:2013年06月04日

JR沿線編

グランフロント大阪特集 前編

周辺エリアマップ

グランフロント大阪特集 前編

南館地下1F「うめきたセラー」のカフェでちょっと一息

西日本最大のターミナル大阪・梅田の駅前に「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」が開業。南側地下1F部分に位置する「うめきたセラー」は、17の飲食・物販で構成する新スタイルの食空間。日本初のフレンチカフェから老舗和食の新業態まで、買い物の合間に立ち寄りたいおすすめのカフェをご紹介

【最寄り駅】JR大阪駅、阪急・大阪市営地下鉄 梅田駅

マーケットの食材を
レストランでプレゼンテーション

NYを拠点とするグルメストアが大阪にオープン。世界中からセレクトしたお菓子、調味料、生ハムやワインといった食品が並ぶ。その豊富さはオリーブオイルだけでも10種類以上から選べるほど。そんな食材たちを専属シェフが駆使し、レストランで実際に味わえる「マーケットテーブル」は大阪店で初の試み。

日替わりのランチセットには、店内のキッチンで焼かれたフォカッチャを使用した「ローストポークとキャラメルオニオンのフォカッチャ」など常時3種類がラインアップ。ジャムのように甘くソテーしたオニオンとローストポークの塩気がマッチ。使用されているオリーブオイルは料理に合わせて使い分けるという繊細な仕上げにも驚きだ。

そのほかディナーでは、レストランの中心に設置された「クッキングステーション」で料理人の最後の仕上げを見ることができ、自宅でのお料理の幅が広がることうけあい。

「ローストポークとキャラメルオニオンのフォカッチャ」(ランチセット)1,260円。※ランチセットにはスープかサラダのどちらかと、自家製パン、ドリンク付。

「ローストポークとキャラメルオニオンのフォカッチャ」(ランチセット)1,260円。※ランチセットにはスープかサラダのどちらかと、自家製パン、ドリンク付。

  • 「モッツァレラとフレッシュトマトソース スパゲッティーニ」(ランチセット)1,575円。
  • 手前「サワークリームアップルパイ」588円、奥「ニューヨークチーズケーキ」483円。「エスプレッソマキアート」(single)473円
  • マーケットスペースの奥に広がるレストランは噴水の見える明るい空間。

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

DEAN & DELUCA大阪(ディーン&デルーカ オオサカ)
  • DEAN & DELUCA大阪
    (ディーン&デルーカ オオサカ)
  • 住所:大阪府大阪市北区大深町4-1
    グランフロント大阪うめきた広場 B1F
  • 食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA」の大阪1号店。以前までのマーケット+デリスタイルを進化させ、レストランで自家製パンや販売している食材を使用したランチやディナーを楽しめる。数ある商品の中からお気に入りのひとつを見つけよう。
ありそうでなかった
梅を使った梅田名物が完成

中でも注目なのは小山氏が今回の出店にあたり考案した梅田の新名物「小うめ」。梅田の「梅」にちなみ、紀州南高梅の梅肉を使ったほんのりピンク色の餡が、山芋をたっぷり練り込んだすべすべの薯蕷(じょうよ)生地で包まれている。梅風味のさっぱりとした餡は、夏場でも食べやすく、ちょっと甘い物が食べたいときのお茶うけとして、またおもたせや大阪土産としても重宝しそう。

その他、徳島の和三盆糖で作った黒蜜をかけて食べるあんみつも人気。中身は長野県産の寒天を使った白寒天と抹茶寒天、白玉、丹波大納言小豆で作る粒餡のみのごまかしがきかない直球勝負。粒餡はふくよかな豆の香りと和三盆糖ならではの角がない丸い甘さが印象的。青柳の実力を目の当たりにする逸品だ。

「小うめ」3個210円。ますます商売繁盛で倍々(ばいばい)にという意味も込められた店名から、縁起物としても喜ばれそう。

「小うめ」3個210円。ますます商売繁盛で倍々(ばいばい)にという意味も込められた店名から、縁起物としても喜ばれそう。

  • 「小うめ」24個入1,000円。持ち帰り用は店頭で販売。
  • 「和三盆黒蜜の白玉あんみつ」892円、「梅ソーダ」650円。
  • グランフロント地下1Fで唯一の和空間。

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ばさら 梅々庵 (バサラ バイバイアン)
  • ばさら 梅々庵
    (バサラ バイバイアン)
  • 住所:大阪府大阪市北区大深町4-1
    グランフロント大阪うめきた広場 B1F
  • 大阪初出店となる徳島の料亭「青柳」の日本料理人・小山裕久氏がプロデュースする茶屋が併設された和菓子店。梅田の「梅」にちなみ、梅を使った和スイーツが味わえる。梅田名物「小うめ」をはじめ、梅酒を使った「和カヌレ」など独創的なアイデアで楽しませてくれる。
ガレット+伝統的フレンチの
新しいスタイル

パリにある、伝統的フランス料理を気軽に楽しめるビストロ、ル・ブール・ノワゼットがフレンチカフェスタイルで大阪に出店。ガレットをメインとした展開で新感覚の料理を味わえる。 本店から引き継いだ見た目の華やかさはもちろん、ポワレやフリカッセといったフレンチの技法を駆使した料理をガレットの上で気軽に楽しめる。

シンプルな「コンプレット」に関しても、グリュイエールをはじめ数種のチーズをミックス。半熟の卵とチーズがとろけ合い、コクがあってほんのりナッツ感のあるグリュイエールがアクセントに。盛り付けにもこだわっており、一般的な四方を折り曲げた四角いタイプではなく、レースのように折りたたむことで華やかさを演出。クレープも本店のレシピを受け継いでおり、見た目からも心躍らせてくれる。

「コンプレット」850円、「ブルターニュ産シードル」600円

「コンプレット」850円、「ブルターニュ産シードル」600円

  • 「苺と2種のクリーム」950円。
  • ガレットの生地を焼き上げそのまま鉄板の上で料理を仕上げていく。
  • トリコロールの床や壁を取り払った開放感のあるパリスタイル。

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

クレープリー ル・ブール・ノワゼット
  • クレープリー ル・ブール・ノワゼット
  • 住所:大阪府大阪市北区大深町4-1
    グランフロント大阪うめきた広場 B1F
  • パリにあるビストロ「ル・ブール・ノワセット」プロデュースの気軽なフレンチカフェ。パリ本店のレシピを取り入れた本格フレンチをガレットでお手軽に。パリの雰囲気溢れるサロンでお洒落にガレットやクレープを堪能できる。
体に優しい厳選素材で作る
黄色いパンケーキ

奈良のあやめ池に本店を持つパティスリー「ラ テラス」のカフェがグランフロント大阪に登場。バリのリゾート地のリビングをイメージした店内は、心地よいカフェタイムを演出。「ラ テラス」のケーキをはじめ、パスタなどの軽食が味わえる。

中でも一番人気は「パンケーキフルーツミックス」。生地には三重県松阪市のグリーンファームで育てられた純国産鶏「もみじ」の有精卵を使用。黄味の色が濃い卵とかぼちゃの粉を混ぜることで、黄色いパンケーキ生地に仕上がる。かぼちゃの自然な甘さと濃厚な卵の深みを感じる生地はしっとりもちもち。トッピングにはたっぷりの生クリームといちご、オレンジ、キウイ、ブルーベリーなどビタミンカラーの果物がたっぷり。その上にメイプルとアガベという植物から採れる2種の天然シロップをかけて味わえば、後味がすっきりとした甘さなので、ボリュームがあってもペロリと食べられてしまう。混雑を避けたい人はオープン直後の来店がおすすめ!

「パンケーキ フルーツミックス」1,800円。甘さ控えめなので男性にも人気。

「パンケーキ フルーツミックス」1,800円。甘さ控えめなので男性にも人気。

  • 「トロピック」390円。マンゴー、オレンジ、バナナのムーズの中にライムの皮とレモングラスのジュレが入って爽やか。
  • 「ミックスフルーツ&ヨーグルトのスムージー」750円。外にはテラス席もある。
  • 地下1Fにありながら自然光が降り注ぐ。

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

La Terrasse Cafe et dessert(ラ テラス カフェ エ デセール)
  • La Terrasse Cafe et dessert
    (ラ テラス カフェ エ デセール)
  • 住所:大阪府大阪市北区大深町4-1
    グランフロント大阪うめきた広場 B1F
  • 奈良の人気パティスリー「ラ テラス」がパンケーキを主役にしたカフェをスタート。独自のレシピでつくる生地にはかぼちゃの粉を混ぜ、ほんのり優しい甘さを感じさせてくれる。スイーツ系以外にも、おかず系パンケーキも用意されているのでランチにもおすすめ。

【取材】西川有紀/有佐和也

この街、この名店トップへ戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング総合

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。