ニュース

  • グルメニュース
  • 全国
  • 地域ニュース
なんば

2017年12月06日

法善寺に「囲炉裏焼き」専門店「水魚之庵」 客自身であぶって楽しむ

囲炉裏で食材をあぶる「囲炉裏焼き」

 大阪・ミナミの法善寺横丁近くに12月5日、和食店「囲炉裏(いろり)と寿司(すし) 水魚之庵(すいぎょのいおり)」(大阪市中央区千日前1、TEL 06-6214-3555)がオープンした。運営はオペレーションファクトリー(西区北堀江)。

 囲炉裏で食材をあぶる「囲炉裏焼き」をテーマにする同店。約90平方メートルの店内は、格子や竹の筒を用いて古民家風に演出する。席数は32席。各テーブルに魚の形をした自在鉤(かぎ)をつるした囲炉裏を用意しており、魚、肉、野菜などを客が自分であぶって楽しむことができる。同社事業部長の藤原康雄さんは「炭の香りが付くことで、風味が格段に良くなる」と話す。

 「囲炉裏焼き」は紀州由良港から直送した「鮭(さけ)はらす」(313円)、「ほっけ串」(同)、「カニ味噌(みそ)甲羅焼き」(853円)などの海鮮を14種、「大和黒鶏もも・むね肉盛り合わせ」(1,285円)、「A5熊本産プレミアム和王牛霜降りバラ」(1,717円)などの肉を6種、「さつま芋」(205円)、「とうもろこし」(同)など野菜を12種用意。そのほか、「カマンベールチーズ」(313円)や大阪銘菓の「芭蕉煎餅」(421円)といったメニューも。締めとして「まぐろ」(205円)、「たい」(同)などの寿司も10種を用意する。

 ドリンクメニューは、日本酒、焼酎、ワイン、カクテルなど約50種。藤原さんは「お薦めは熱かん。囲炉裏で自分好みの熱さに調節することもできる」と話す。

 ターゲット層は30~50代の男性。客単価は5,000円前後を想定する。藤原さんは「ほかでは味わえない非日常感。じっくり焼けるのを楽しむ『囲炉裏焼き』を体験しに来て欲しいほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は18時~24時(日曜・祝日は23時まで)。

アクセスランキング全国グルメニュース

アクセスランキング関西地域ニュース

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。