ホーム > スクープ > 驚愕!総重量3kg弱の超ヘビー級ラーメンをオーダーメイドしてみた!京都「ダブルラリアット」

関西グルメスクープ

デカ盛り
驚愕!総重量3kg弱の超ヘビー級ラーメンをオーダーメイドしてみた!京都「ダブルラリアット」

驚愕!総重量3kg弱の超ヘビー級ラーメンをオーダーメイドしてみた!京都「ダブルラリアット」

この記事の担当ガイド:

「ダブルラリアット」は閉店しました。

厳選素材で作り出す大ボリュームラーメンは学生にも大人気!

デカ盛りシリーズの真打ち登場といっても過言ではないでしょう! 今回登るデカ盛りの山はラーメン。突撃したのは、京都・百万遍に2014年にオープンしたニューカマー。なんでもデカ盛りメニューではあるものの、素材、味へのこだわりもハンパなしとのこと。おいしくてデカ盛り…それって人類共通の夢じゃないですか! 早速、お店へ向かいますよ〜!

やってきました、京都・百万遍。すぐ近くに京都大学があり、学生さんたちの姿をたくさん見かけられる街です。百万遍の交差点から東大路通を少し北西へ入ったところにあるのが、今回の「ダブルラリアット」さん。京都らしい「和」の雰囲気を感じる入り口です。

店内はカウンターが奥へ伸びる造り。「うなぎの寝床」スタイルで、これまた京都らしい。店内はピカピカで、清潔感もバッチリでございます。

入り口すぐ右手には券売機がスタンバイ。「1万円札しかないんだよ、ワハハ!」ってなリッチなアナタもご安心を。両替機も完備されております。早速、今回のトライするメニューを探してみましょう…。一番上がミニラーメン、その下がラーメン…。

あ、あった! 一番右下、あまり目立たない、奥ゆかしい感じでいらっしゃるのが今回いただくメニュー、その名も「ブロガー盛」です。ボタンに「何でもアリ!」って書いてるな…。

ここで店主の西大さんにお話しを聞いてみましょう!

----こちらのラーメンの特徴を教えてください。
「特に若い人たちに、味、ボリュームともに満足していただけるラーメンを提供しています。また、自分自身が単調な旨味が好きではないこともあって、化学調味料は使用していません」

----ラーメンのラインナップは?
「ミニ、小、普通サイズ、大、特大とあります。それぞれ麺の量は100g、150g、200g、250g、400g。野菜と脂の多め少なめ、麺の硬さのオーダーもOKですから、食券を渡すときに教えてください。ほかに豚の量がアップする大豚も用意しています」

----一番人気は?
「実はラーメンよりよく出ているのが、汁なしのわしわし麺です。オープンしてしばらくあとから提供しているんですが、ベースはラーメンと同じで、タレを変えています。夏には限定で冷やしのわしわし麺も出していましたよ」

----今回のブロガー盛なんですが…。
「量に注目されるのは仕方がない部分もあるんですが、基本は自由にカスタマイズしてもらえるメニューという考えなんです。麺はこれくらい、野菜は肉はこれくらい、と好きなようにオーダーしてもらえれば、できる範囲で応えたいと思っています」
なんと力強いお言葉! たしかにこちらはそのボリュームで注目されがちですが、化学調味料を使用しないことを前提として、極太の麺は胚芽などをブレンドした自家製、スープは豚骨、鶏ガラをベースに野菜や海産物を加えたもの、タレは6種の醤油をブレンド、香味油もオリジナルの2種を使用するなど、とにかく安全でおいしい一杯を、ということで作られているんです。そのラーメンを満足するまで食べられるのがブロガー盛というワケ。

----ブロガー盛を食べられるお客さんはどんなオーダーを?
「本当にそれぞれですが、多いのは麺量が800gとか1kgです。それに合わせて野菜と肉の量はおまかせという方が多いですね。ブロガー盛を注文する人は、みなさんしっかり食べていかれますよ」
じゃ、じゃあ…その麺量800gで、あとはおまかせでオーダーおおおお願いします!(い、いけるかしら…)

まず麺がこれ。隣に置いた大粒のニンニクと比べてみてください。茹でる前の状態でもけっこうボリュームあるわぁ。

肉はこれくらい…と出していただいたのがコレ! 再び隣の大粒ニンニクと比べてみてください。デ、デカイ…。量を聞いてみると「800gくらいですかね」とのこと。麺と合わせてこの時点ですでに1.6kg…。

で、野菜がこれくらい、と。親子3人が鍋で食べるくらいの量ありますよ…。

早速、麺茹でからスタート! 1つでは入りきらないので3つに分けて茹でてます…。茹で時間はその時期によって変わりますが、基本は約7分とのこと。並行して野菜を茹で、肉はフライパンで焼き目が付けられていきます。

ちなみに通常のラーメンの丼ぶりが右。ブロガー盛に使用するのが左。大きさが全然違う…。

少し目を離したすきに、もう麺が丼ぶりの中に! そしてその上から熱々のスープが注がれていきます。なんか麺の量がすごいことになってますよ〜!

スープが入ったら野菜をトッピング。1回、ドサ〜ッ!

はい、2回、ドサ〜ッ! 3回、ドサ〜ッ! って、も、もういいんじゃないでしょうか…。

そして登場するのが、フライパンで焼き目を入れたさきほどの豚肉!

ゆで卵とともに豚肉を1つ、さらに2つ、3つ…。

も、もうおよしになって! 野菜の山だったのが、すっかり肉の山にバージョンアップしております!! 最後にタレをかけて、完成ですよ〜。

ドーーーン!肉ーッ! カウンターに設置された照明が、この一杯をあたかも大スターのように照らし出しております。

上から見たところ。麺はおろかスープもほとんど見えず、野菜が少しだけ「こんちわ」程度に顔をのぞかせております。

それでは続いて、恒例の体重測定とまいりましょう(震え声)。

出ました! 2,963g!!こ、これ…あかんヤツや! う〜ん、もうちょっとで夢の3kg台だったのにぃ〜…とか言うてる場合かッ! ちなみに、丼ぶりの重さは抜いてますからね。

高さは18cm! カウンターの高さと盛られた肉の高さがピッタリ合ってるのでわかりやすいですね! では、行きますか…。(今回、取材ということでお願いした量です。おいしく食べきれる量でオーダーがルールですからね!) いざ、実食!

何はなくとも、まずは肉から! こちらはウデ肉を使用していまして、麺と食べたときにバランスがよくなるようにと濃い目の味付け。肉の旨みが口のなかで弾けます。おいしー!

いくつか肉を食べると、やっと麺とご対メン! 小麦の香りが楽しめる極太麺は食べ応え十分。肉といっしょにどんどん食べ進めていきます。ちなみに、この時点ですでに5分以上経過しております。

約10分経過。す、少しは減ったかしら…。でも、まだまだこれからよ! ちなみに肉と麺、野菜のコンビネーションはナイスバランス。やさしい味わいを楽しみながら、さらに食べ進めます。

約15分が経過。だいぶ減ったように見えるでしょ。でも、んなこたぁない。この下に、まだ麺がギッシリと詰まっておるのです。わ、私、もうダメかも…。


そこで登場するのがテーブル上に置いている味変アイテム!花椒、ブラックペッパー、一味、燻製醤油タレ等、バラエティ豊かに取り揃えられています。なかでも店主のこだわりが光るこのニンニク。糖度が高く、甘みのある青森産のものを使用しています。もちろん、そのほかの味変アイテムも効果抜群で、箸が進みました。進みましたが…。

………。ついにギブアップ! 残念ながら登頂はなりませんでした…。このブロガー盛、これまでに一番多い麺量をオーダーした人は2.5kgとのこと! 「丼ぶりには1kgしか入らないので、3つに分けたんですよ」とご店主。おおよそこれ3杯って、もう想像ができん! しかもオーダーしたのは女性なんですって。スゴすぎる…。

しかし、今回驚きだったのはその量ももちろんですが、食べ終わってからまったく胃もたれやムカツキがなかったこと。普通大量にラーメンを食べると、その脂にやられてしまいますが、こちらのラーメンではそれが皆無。お腹ははちきれんばかりでも、気持ちは悪くならないという驚きの経験ができました。なんなら次の日にまた行って食べたいくらいの感じです。ごちそうさまでした!

なお、このブロガー盛は大食いチャレンジではなく、好きなようにカスタマイズができる、というメニューなので、食べきれない量をオーダーするのはルール違反ですよ!おいしく食べられる量で、こだわりのラーメンを楽しんでくださいね!!

ダブルラリアット

(この店舗は閉店しました。)

アクセスランキング関西グルメスクープ!

アクセスランキング総合

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。