ホーム > スクープ > 京都鴨川沿いのお花見テイクアウトグルメ人気店4選

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

トレンド
京都鴨川沿いのお花見テイクアウトグルメ人気店4選
2017年03月14日

京都鴨川沿いのお花見テイクアウトグルメ人気店4選

この記事の担当ガイド:グルスク2号(モトクニ・ケイ)

鴨川の花見を盛り上げる極上テイクアウトグルメ!

春の京都といえば、やはり花見。あちらこちらに名所があり、日本はもとより、世界中から訪れる観光客で大いに賑わいます。とはいえ、どこに行っても人がたくさんで、ゆっくり花見をするのは難しい…と思っていませんか?そんなあなたの期待に沿えるスポットがあるんです。交通至便、開放感抜群、混雑それなり…の穴場的というか、みんな知ってるスポットが。それは…鴨川沿い!数キロにわたって桜が植えられ、たくさんの人の目を楽しませてくれる鴨川は、周辺に魅力的なテイクアウトメニューのお店もたくさんあって、お手軽に京都の花見を楽しめます。今回は、そんな鴨川沿いにある洋風、欧風、アジア系など、ワールドワイドな絶品「テイクアウト」グルメをご紹介しちゃいます!

[1]50年以上の歴史を誇る洋食店の絶品洋食弁当!洋食弁当 グリル はせがわ

洋食弁当グリルはせがわ 外観

まずは北大路通にある「洋食弁当 グリル はせがわ」さんからご紹介。こちらは50年以上の歴史を持つ洋食店。常に多くのお客さんが詰めかける人気店です。

洋食弁当グリルはせがわ お持ち帰り販売スペース

お持ち帰り弁当専用の販売スペースは、お店の東側、鴨川沿いにあります。

洋食弁当グリルはせがわ ばら売りメニュー

窓に貼られたメニューには「ばら売り」の文字が。。これなら「唐揚げ1個だけ食べたい」「ヘレカツ一切れだけ欲しい」そんな贅沢な悩みもズバッと解決でございます。それでは早速人気のお弁当をいただきましょう!

洋食弁当グリルはせがわ 人気No.1エビ・ハンバーグ弁当

まずは人気No.1の「エビ・ハンバーグ弁当」1,620円です! 野菜が別に添えられているのもうれしー!

洋食弁当グリルはせがわ 合い挽きミンチハンバーグ自家製ケチャップソース

合い挽きミンチを使ったハンバーグは200gとボリュームたっぷり。合わせるのは自家製ケチャップソース。酸味とコクが肉の旨味をしっかりと感じられるハンバーグとマッチした味わいです。さらにハンバーグに使うパン粉は、専用に焼いたパンから作る自家製というから、こだわりハンパなし!

洋食弁当グリルはせがわ 人気No.1エビ・ハンバーグ弁当

そのハンバーグに負けない存在感なのが、15cmほどもある大きなエビフライ。フライに使う油はなんと昼と夜の1日2回変えるので、食べても胃もたれ知らず。年配の方でもペロリと食べられるとのこと。

洋食弁当グリルはせがわ 人気No.1エビ・ハンバーグ弁当スパゲティ

付け合せのスパゲティもケチャップソースがしっかりと絡められ、これまたご飯が進むこと確実。ちなみにご飯の大盛りは100円アップでオーダーできますから、腹ペコレディース&ジェントルメンもご安心を。

洋食弁当グリルはせがわ ハンバーグ・からあげ弁当

もうひとつ紹介するのが、この3月から登場した新メニュー。「大人気のハンバーグは食べたい、でも200gは大きいし…」という声に応え、150gのハンバーグともう一品という、コンビ弁当です。写真はなかでも人気の「ハンバーグ・からあげ(3個)弁当」1,188円。

洋食弁当グリルはせがわ ハンバーグ・からあげ弁当

フレッシュな油で揚げるからあげは、ムネとモモ、両方が楽しめますよ。かなり大ぶりのサイズで、こちらも食べ応えありまくり!

洋食弁当グリルはせがわ コンビメニュー

こちらが新たに登場したコンビ弁当のラインナップ。価格もレギュラーに比べて、お手頃になっております。

大人気洋食店のメニューをテイクアウトできるということで、お花見時期はもっとも混雑するとのこと。お弁当は当日の電話予約も可能ですが、作り置きはせず、オーダーが入ってから調理を始めるシステムなので、混雑状況によってはかなりの待ち時間が発生することも。確実にゲットしたいなら、前日までの予約がベターです!

洋食弁当 グリル はせがわ

住所:京都府京都市北区小山下内河原町68
電話:075-492-9921(弁当)
営業時間:11:00~21:00(弁当) ※15:00~16:00はクローズ、レストランは11:15~22:00(L.O.21:00)
休日:月曜、第三火曜(祝日の場合翌日休)

[2]薪窯で焼かれたアツアツのピッツァをテイクアウト!IN THE GREEN

IN THE GREEN ピッツァ 外観

続いては、北山通沿いへ。京都府立植物園の北山門横にある「IN THE GREEN」さんへ! テラス席も用意されたこちらは開放的な雰囲気のなか、ピッツァをメインに本格イタリアンメニューがずらり。ランチ、ディナー、カフェと、いつ訪れてもリラックスした時間を過ごせる人気店です。

IN THE GREEN ピッツァ 外観

表からも店内や厨房の様子が見えます。奥には植物園の緑も。

IN THE GREEN ピッツァ 店長

ここで木村店長に少しお話を聞いてみましょう。

こちらではピッツアがテイクアウトできるんですよね。
「はい。ナポリから取り寄せた薪窯で焼く、本格的なナポリピッツァをご用意しています」
いつでもテイクアウトOKなんですか。
「15:00までのランチタイムはマルゲリータと日替わりの2種、17:00からのディナータイムは11種のピッツァをテイクアウトしていただけますよ」
こちらのピッツァの特徴は?
「薪窯で香りと火持ちのいい楢の木を使って焼いています。三次発酵させた軽くて歯切れのいい生地、イタリアから空輸したフレッシュなチーズ、京野菜を始めとする新鮮な野菜など、食材にこだわってますよ!」

聞いてるだけでもおいしそ~。早速そのピッツァを焼いていただきましょう!

IN THE GREEN ピッツァナポリから取り寄せた薪窯

こちらがナポリから取り寄せたという薪窯。炎が赤々と燃えております。中の温度は700度以上にもなるそう。

IN THE GREEN ピッツァイオーロ生地

生地が浮いてる~! こちらではピッツァイオーロがオーダーのたび、生地を伸ばし一枚ずつ焼いてくれるのです。

IN THE GREEN ピッツァ薪窯

窯の中に入れて、待つことしばし…。
膨らんできたの、わかりますよね。これでほぼ焼き上がり。 時間にしておよそ1分半。高温の薪窯で一気に焼き上げるためスピーディーですな。

IN THE GREEN ナポリピッツァの王道マルゲリータ

できたー!ナポリピッツァの王道、マルゲリータ1,240円(テイクアウト)です。ランチタイムのイートインならスープとサラダが付いて950円でOKですよ。

IN THE GREEN ナポリピッツァの王道マルゲリータチーズ

できたてアツアツのところをいっちゃってください! 薪窯で焼かれたピッツァ自体の香り、とろけるチーズのコクのある味、熱が入って酸味と甘味が絶妙なバランスのトマトソース…! すぐに1枚食べ切ってしまいそうです。

IN THE GREEN ヴェルドゥーレ

こちらはディナータイムに登場するヴェルドゥーレ1,510円。動物性食材を使っていないため、ベジタリアンでもOKのこちら。季節によって食材は変わりますが、春には山菜や菜の花、タケノコなども登場する予定とのこと。み、見てるだけでお腹がなってきます~。

通し営業でランチからカフェタイム、ディナーまで多くの人で賑わうこちら。混雑時には行列ができることもあるため、時間に余裕を持っての来店がおすすめです。これからの季節は植物園の桜や緑を借景にしたバーベキューも大人気とのことで、イートイン、テイクアウトともに見逃せない注目店ですよ!

IN THE GREEN

住所:京都府京都市左京区下鴨半木町 府立植物園北門横
電話:075-706-8740
営業時間:11:00~23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30) ※ピッツァのテイクアウトは~15:00、17:00~
休日:なし

[3]こだわりソーセージやテリーヌなどが楽しめる人気店のランチボックス! シャルキュトリー リンデンバーム

シャルキュトリー リンデンバーム

続いては少し南に下がって、丸太町沿いへ。川端通りから東へ進んだ北側に見えてくるのが「シャルキュトリー リンデンバーム」さんです。

シャルキュトリー リンデンバーム 看板

入口横の看板にランチボックスの表記があります。早速、店内へ入ってみましょう。

シャルキュトリー リンデンバーム 店内

正面のショーウィンドウの中には、自慢のソーセージ&テリーヌなどが所狭しと並べられております!

シャルキュトリー リンデンバーム ソーセージやテリーヌ

シャルキュトリー リンデンバーム テリーヌ

見てるだけでもうたまりません!! こちらでは自家製のソーセージ、テリーヌ各20種ほどを常時ラインナップ。ヨーロッパでの修業経験もあるオーナーシェフが腕を振るうその味は、一度食べればハマること確実!

シャルキュトリー リンデンバーム 桜のソーセージ

ちなみにこちらが春の限定メニュー「桜のソーセージ」。桜の花と葉が混ぜ込まれているとのことで、その味は…なんと! ソーセージなのに桜の香り&味わいが。やだ、これ初めてのおいしさ♥ シャルキュトリー好きなら一度は食べずにおれますまいて。

※シャルキュトリー:ソーセージやハム、テリーヌなど主に豚肉から作られる加工食品のこと。

シャルキュトリー リンデンバーム ランチボックス

今回ご紹介するのはランチボックス750円(価格変更予定)です。早く中が見たいでしょ?

シャルキュトリー リンデンバーム キッシュのランチボックス

ドーンッ! 今回は一番人気のキッシュのランチボックスをチョイス。グリーンサラダにニンジンのラペ、マッシュポテト、そこにキッシュとサンドイッチという豪華すぎる内容です!

シャルキュトリー リンデンバーム キッシュのランチボックス

キッシュの具材は随時変更されるとのこと。写真はキノコとソーセージ、オニオンなどを使ったもの。カットも大きく食べ応えも十分ですよ〜。

シャルキュトリー リンデンバーム キッシュのランチボックス

サンドイッチも随時変更されます。ソーセージやハム、テリーヌ、レバーペーストなどが使われることもあるそう。どれも聞いてるだけでおいしそー!

シャルキュトリー リンデンバーム 日替わり ご馳走サラダ

もうひとつの注目が「日替わりご馳走サラダ」540円(※取材当時の価格です)。容器底にはレタスが敷かれ、その上に生ハム、サラミ、薄切りソーセージ、キッシュ、ピクルス、テリーヌがオン。こちらもボリュームたっぷりです。

春以降、ランチボックスは今回紹介したキッシュと、選べるスープの2タイプを販売していく予定とのこと。無くなり次第販売終了なので、確実に手に入れたいなら早めの電話予約が吉ですよ。本場仕込みの肉メニューが大人気のこちらでは、このほかにも自家製ハムサンドやプレツェル、クッキーなど、いろいろとおいしそうなものが販売されていて、どれを買おうか本当に迷っちゃいます。ランチボックスを昼間に楽しんで、夜は家に帰ってソーセージなどの本格シャルキュトリーで一杯、なんて素晴らしい1日を過ごしたいならぜひ!

シャルキュトリー リンデンバーム

住所:京都府京都市左京区東丸太町41-6
電話:075-751-0786
営業時間:10:00〜19:00 ※ランチボックスの販売は10:30〜
休日:水曜、月一回不定休

[4]本場そのままの味わいで楽しむ台湾の弁当! 微風台南

微風台南

鴨川から丸太町通を西へすぐ、烏丸通を北へちょいと行けば、東側にこちらの入口がお出迎え。ガチの台湾料理が楽しめると評判の「微風台南」さんです。店内へ入ってみると…。

微風台南 店内

雑誌や雑貨がずらりと並んだスペースが! このニギニギしさ、どことなく台湾ぽいわよね〜(行ったことないけど)。さらに!

微風台南 座敷席

町家を改装した店内は写真の座敷席がメイン。なんとも落ち着ける空間が広がっています。こちらは元々香港料理店を営んでいたオーナーが2年前にオープン。油が控えめであっさりとしているのが本場の台湾料理とのことで、その味をアレンジせず、そのまま提供してくれます。ちなみにこちらの料理は台湾でも南部の味付け。北部より砂糖を多く使い、甘めなのが特徴なんだとか。

微風台南 台湾のドリンク

本場台湾のドリンクも販売されていて、左からアップルサイダー、グアバ、コーラ、マンゴービール、パイナップルビールとなっております。デザインからも本場テイストが感じられますね。ちなみにソフトドリンクは350円、ビールは500円で販売していますが、テイクアウトはそれぞれ100円引きになるのがうれしー!

微風台南 台湾の伝統的な弁当

今回紹介するメニューですが、入口横の看板をご覧ください。「台湾の伝統的な弁当です」とありますね。早速作っていただきましょう!

微風台南 お弁当のパッケージ

このかわいいパッケージよ! 現地仕様にこだわるこちらでは、パッケージはもちろん、お箸も基本台湾から取り寄せたもの。さらにこの輪ゴムのかけかたも台湾流というから脱帽でございます。

微風便當 背骨

ド迫力〜! 「微風便當 背骨」864円です。香辛料で下味を付けて揚げた豚リブロースがメイン。しかしすごいボリュームです。

微風台南 味付けはどれも台湾の本場そのもの

周りには、油豆腐、煮玉子、野菜炒め、肉団子などがトッピングされています。味付けはどれも本場そのまま。下にはご飯が敷かれています。

微風台南 微風便當 鶏腿

これまた大ぶりの鶏モモ肉を使った迫力たっぷりの「微風便當 鶏腿」864円。こちらは香辛料などで煮込んで調理されています。満腹確実のボリュームがうれしいですね〜。

現地そのままの料理を味わえるとあって、台湾からもたくさんのお客さんが来店。そう、まさに本場のお墨付きなのです。今回紹介した「微風便當」(ちなみに読み方はウェイフォン ベンタン)は、昼のみで売切れてしまうこともあるという人気ぶりなので、確実に食べたいなら前日までに電話で予約すること。当日は来店しての注文が基本になります。ほかにも数多くそろった本格台湾メニューは、汁物以外テイクアウトOKとのことなので、お気に入りを見つけて、鴨川へ持ってっちゃいましょう!

微風台南

住所:京都府京都市上京区河原町丸太町上ル桝屋町359
電話:075-211-9817
営業時間:12:00〜15:00、18:00〜22:00(L.O.21:30)
休日:月曜、月一回火曜 ※3/20(月)〜24(金)は休業

今回紹介した京都鴨川周辺のテイクアウトメニュー。洋食、イタリアン、フレンチ、台湾と、いつものお花見とは少し違ったワールドワイドなグルメが楽しめるラインナップとなりました。もちろんその味は、すべて実食した取材スタッフのお墨付き! 気分次第でどれを選んでいただいても、おいしさに顔がほころぶこと間違いなし。この春は、アクセスしやすくて、桜もしっかり楽しめる鴨川周辺で、激うまテイクアウトのお花見を楽しみましょう!もちろん、ご自分で出したゴミはきちんと持ち帰りましょうね。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。