ホーム > スクープ > 続々進化中!関西の個性あふれるホテル最新アフタヌーンティー

関西グルメスクープ

アクセスランキング関西グルメスクープ

アクセスランキング総合

トレンド
ホテル最新アフタヌーンティー
2017年06月13日

続々進化中!関西の個性あふれるホテル最新アフタヌーンティー

この記事の担当ガイド:高田 強

2016年後半から個性的なアフタヌーンティーセットが続々誕生!

「ホテルでお茶しよう!」といえば、ちょっと贅沢な響き。フレンチや和食であれば、お財布的に頑張らないといけないですが、お茶ならば…というのが一般庶民の心情。そんな、ホテルのお茶事情が最近変わりつつある。

実は関西の主要ホテルが、2016年頃から個性的なアフタヌーンティーセットを販売し始め、人気を得ているというのです。

アフタヌーンティーとは、サンドウィッチ、スコーン、ペストリー(ケーキ)が3段になったスタンドで用意され、紅茶とともに楽しむ英国貴族のお茶を楽しむスタイル。

このスタイルを少し変えて個性を出したアフタヌーンティーセットを京阪神のシティホテルで楽しめることが、さまざまなメディアやSNSで話題になっています。

そこで注目のアフタヌーンティーが楽しめるホテルへ行ってみました。

球体の3段重のなかに、スイーツや料理を忍ばせる!

JR大阪駅隣接のホテルグランヴィア大阪のラウンジ「リバーヘッド」。ホテルの19階にあり、吹き抜けの高いドーム天井が印象的なカフェラウンジとして打ち合わせや、周辺でのショッピングの休憩スポットとして利用されています。

こちらで11:00から楽しめるアフタヌーンティーセットがとても個性的。

ホテルグランヴィア大阪 リバーヘッド アフタヌーンティーセット
ホテルグランヴィア大阪 リバーヘッドのアフタヌーンティー 2,300円 (税サ込)

メニューのオーダー後、出てくるのはお茶とスコーン&ワッフル。それに球体の陶器。この陶器がお重になっており、3つに分かれた中身がそれぞれアフタヌーンティーのスタンドの役割を果たしています。こんな感じです。

ちなみにこちらは、取材時点の6月のメニュー。7月からはマンゴーとほうじ茶のスイーツボールに変わります。

ホテルグランヴィア大阪 リバーヘッド アフタヌーンティーセット 1段目(上)プチフールの重
1段目(上)プチフールの重

「カシスのケーキ」や「マンゴーのタルト」など、一口サイズのケーキやチョコ5種がぎゅっと詰まっています。酸味のあるクリームが特徴の「チーズクリームのシュー」など、少し変化球的な遊びが加わったかわいいスイーツの数々が楽しい。

ホテルグランヴィア大阪 リバーヘッド アフタヌーンティーセット 2段目(中)前菜の重
2段目(中)前菜の重

「お肉のテリーヌ」や「モッツアレラチーズのボンボン」など、フレンチシェフが手がける鮮やかな日替わりのオードブル6種が詰め込まれています。噛むと味わいの深さを感じるしっかりとした「生ハム」や意外性のある「鯛のマリネ」などどれも満足度の高いおいしさ。

ホテルグランヴィア大阪 リバーヘッド アフタヌーンティーセット 3段目(下)ブランマンジェの重
3段目(下)ブランマンジェの重

一番下のお重には華やかなスイーツ。「2種のメロンのブランマンジェ」がお重いっぱいに広がります。生クリームの口当たりもよく上品。2種のメロンの食感や味わいの違いを楽しめます。

ホテルグランヴィア大阪 リバーヘッド アフタヌーンティーセット 皿盛り
皿盛り

アフタヌーンティーには欠かせないスコーンと、ワッフルがお皿に盛られて登場。ベリーのジャムが添えられます。また、お茶は、フレーバー緑茶。香りはいちごと巨峰の2種類あり、どちらか1杯を選びます。

ホテルグランヴィア大阪 リバーヘッド アフタヌーンティーセット

このアフタヌーンティーセット、見た目は変化球ですが、味は本物。

個性的なアフタヌーンティーセットを用意したワケは?

なぜ、こんなに個性的なアフタヌーンティーセットを作ったのか? 店長の津金隆治さんに直撃してみました。

グランヴィア大阪

アフタヌーンティーセットはいつから販売しているんですか?
「このリバーヘッドに登場したのは、2016年の9月です。この少し前から、各ホテルがアフタヌーンティーセットに力を入れ始めているとの情報をグランヴィア大阪でもキャッチしてまして。リバーヘッドでも新たに出そうということになったんです」
すごく個性的な器を用意しましたね。
「アフタヌーンティーはどこのホテルでも実施していますし、“なにかインパクトのあるものでお客さんを驚かせたい”と協議を重ねました。いろいろな容器を探していたところたどり着いたのが“スイーツボール”と呼ぶ、現在の有田焼の重ね器です」
料理内容もかなり充実していますね。
「実は、ラウンジのキッチンがすぐ隣のフレンチレストラン フルーヴと同じなんですよ。それで、前菜はフレンチのシェフ、ケーキはパティシエが作ってるんです」
メリットが多そうですね。
「フレンチレストランのメニューを味わえるのは、ホテルラウンジのいいところかもしれませんね。内容を考えると、価格もお得かと思います」

当初は日に4~5食出れば喜んでいたところ、SNSや口コミで広が2017年に入ってから徐々に注文が多くなり、春以降は限定の10食が連日完売。週末は予約必須だとか。

ホテルメイドのおいしくてかわいい料理をちょっとずつ色々な種類を食べられ、しかもお手頃ということも人気の理由のようで、今後も注目度が上がっていきそうな気がします。

▼まだある!注目のホテル アフタヌーンティー

あま~いボックスの引き出しを開ける瞬間が楽しい! 「ヒルトン大阪」マイプレイス カフェ&バーのアフタヌーンティーセット

ヒルトン大阪 マイプレイス カフェ&バーのアフタヌーンティー
ヒルトン大阪 マイプレイス カフェ&バーのアフタヌーンティーセット 3,300円(税サ別)※画像は2名分

ヒルトン大阪 マイプレイス カフェ&バーのアフタヌーンティー

ヒルトン大阪 マイプレイス カフェ&バーのアフタヌーンティー

2017年3月31日にオープンしたヒルトン大阪1Fの「マイプレイス カフェ&バー」。サンドウィッチから、ハンバーガー、ケーキ、ラーメンなど、時間帯ごとにさまざまな料理が楽しめるこちらの”午後の目玉メニュー”というべきものがアフタヌーンティーセット。

オーダーすると、ホールスタッフが持ってくるのがなんとタンスのような引き出しがついた箱。引き出しを開けるとサンドウィッチやスコーン、ケーキなどが納められています。

ホテルの調度品などを作るスタッフが新装したカフェのために製作。新しくなったお店とともに注目を集めています。

地上約100mで味わうスタイリッシュなひととき! 「大阪マリオット都ホテル」ラウンジ プラスのアフタヌーンティー

大阪マリオット都ホテル LOUNGE PLUS(ラウンジ プラス)のアフタヌーンティー
大阪マリオット都ホテル ラウンジ プラスのアフタヌーンティー 3,500円(税サ込)

地上約100mの地点にある大阪マリオット都ホテルのロビーラウンジ「LOUNGE PLUS(ラウンジ プラス)」のアフタヌーンティーはガラスのプレートが印象的。

スタイリッシュなガラスプレートにのるスイーツは、グラススイーツが中心。また軽食が充実していて、「サーモントラウトのクレープ巻き」、「グリーンアスパラガスのサワークリーム イクラ添え」など、満足度の高いものがそろっています。

おしゃれなひとときが過ごせると好評なんだそうです。

キュートな京の雅が詰まった贅沢な二段重 「リーガロイヤルホテル京都」ラウンジのアフタヌーンティーセット

リーガロイヤルホテル京都 「オールデイダイニング カザ ラウンジ」のアフタヌーンティー 二段重
リーガロイヤルホテル京都 「オールデイダイニング カザ ラウンジ」のアフタヌーンティーセット 二段重 3,327円(税サ込)

約7ヵ月間かけて2016年9月にリニューアルを終えたリーガロイヤルホテル京都1Fの「オールデイダイニング カザ ラウンジ」で楽しめるのは、京都らしい竹製の二段の重箱に入ったアフタヌーンティーセット。

一の重には、カナッペが9品。二の重には9種のスイーツが収められています。

リーガロイヤルホテル京都 「オールデイダイニング カザ ラウンジ」のアフタヌーンティー 二段重

6月30日までは9種のスイーツのうち、「和束の抹茶スコーン」、「和束の抹茶生チョコ」、「和束のほうじ茶ブリュレ」と3種に京都の和束町の和束茶を使用。

器だけでなく、中身でも京都のホテルらしい演出がされています。

世界的なパティシエがプロデュースした! 「ザ・リッツ・カールトン京都」ザ・ロビーラウンジのアフタヌーンティー

ザ・リッツ・カールトン京都「ザ・ロビーラウンジ」のアフタヌーンティーセット
ザ・リッツ・カールトン京都「ザ・ロビーラウンジ」のアフタヌーンティー 4,882円(税サ込)※土・日曜は5,492円 ※画像は6月22日(木)〜のものです。

鴨川のほとり、東山三十六峰を一望できる好ロケーションで知られるザ・リッツ・カールトン京都の1F「ザ・ロビーラウンジ」で楽しめるアフタヌーンティーセットをプロデュースしたのが“パティスリー界のピカソ”の異名を持つピエール・エルメさん。希少なアフタヌーンティーセットとして人気を集めています。

サンドウィッチやキッシュといったセイボリー(甘くないおつまみ)も贅沢な食材を使用したラグジュアリーなものですが、もちろん注目したいのは、目にも鮮やかなスイーツの数々。

ピエール・エルメ・パリの代名詞とも言える日替わりのマカロンのほか、5種のケーキが並び、パリのメゾンで味わうような甘~いひとときを楽しめます。

※各メニューの価格や内容は6月13日現在のものです。内容や価格は変更される場合があります。

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。