ホーム > 特集 > 接待でつかえる!ひとり1万円以下で大満足!大阪のおもてなし個室10選

特集

天満和食ダイニング

中国食府 双龍居 天満駅前店

本格的中国料理

人気ブロガーも絶賛する本格的中国料理!

メニュー数は約200種。オーナーのジン(ジン)さんは、北京の日航ホテルで働いていた経験を生かし、日本人にあう本格的な料理の提供を心がけます。徒歩5分程の北東にある本店のみの時代は、予約のとりづらい中華として知られていましたが、天満駅前店ができてからは比較的スムーズに。同時に3・4階を貸し切りや個室スペースとして利用できるようになりました。

双龍居の外観

安旨店がひしめく天満エリアでもトップクラスの人気。ビルの1~4階が店舗になっています。週末には200席が予約でいっぱいになります。

双龍居の店内

カップルや小グループの利用が多い1階フロア。壁に貼られているのは写真付きのメニューです。

双龍居の個室

カジュアルな店内と違い個室は、シックな雰囲気。小規模完全個室からパーティ向きの貸切フロアまで様々な個室を用意しています。ただし、個室利用時はコース料理のみになります。

5,000円コース

5,000円コース(注文は4名以上)は10皿+αでボリュームたっぷり。前菜、スープ、点心など様々な種類の料理が用意されます。

北京ダック

5,000円コースに含まれる北京ダック。大人数で希望すると、丸1羽での提供もできます。

フカヒレスープ

こちらも5,000円コースに含まれるフカヒレスープ。初めて食べるというお客さんも多いとか。

双龍居の店主

店の名物(?)でもある店主のジン(ジン)義和さん。北京の日航ホテルでの経験を生かし、日本人好みのメニューをセレクトしおすすめしてくれます。

双龍居の料理長

調理長の岳徳全さんは、北京で店主のじんさんがスカウトしてきた腕利。11名のシェフは全て中国人です。

マーボー豆腐

マーボー豆腐700円は1日70~80杯出る人気ナンバーワンメニュー。中国から取り寄せた山椒がおいしさの秘密。本格的でありながら、日本人のハートもくすぐる中国料理を楽しめるのでパーティやおもてなしにピッタリです。

個室情報

2階奥にある個室は、可変式の壁で個室に変化。プライベート感はしっかり保たれる。厨房にも近いので追加オーダーも容易にできる
  • 可変式の壁は、厚さもしっかりある
  • 回転台付きテーブルは大人数の利用で特に力を発揮

2階奥にある個室は、可変式の壁で個室に変化。プライベート感はしっかり保たれる。厨房にも近いので追加オーダーも容易にできる

席タイプ テーブル(円卓)
個室仕切り 半個室
人数 4~10名(来店前に電話確認がベター)
4階の32名まで利用できる個室。忘年会やパーティーでの利用も多い。ディスプレイなども中国の宴席のイメージ
  • 人数が10名ほどの場合はカーテンで仕切り半個室状態で利用
  • テーブルや椅子も北京から輸送した特注品

4階の32名まで利用できる個室。忘年会やパーティーでの利用も多い。ディスプレイなども中国の宴席のイメージ

席タイプ テーブル(円卓)
個室仕切り 完全個室
人数 15~32名(来店前に電話確認がベター)
4階の奥の個室は、12名まで利用できる。テレビ局が近いことからお忍びで芸能人が利用することもあるとか
  • シンプルでスッキリとした個室。窓の外は大阪環状線の線路
  • 大型テーブルに回転台を2台設置

4階の奥の個室は、12名まで利用できる。テレビ局が近いことからお忍びで芸能人が利用することもあるとか

席タイプ テーブル(円卓)
個室仕切り 完全個室(扉あり)
人数 4~12名(来店前に電話確認がベター)

更新日:2015年11月17日

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。