eonet.jp > 健康 > 薬と応急処置 > のどに物が詰まった(大人編)

応急処置を知ろう ファーストエイド応急処置

のどに物が詰まった(大人編)

高齢者は、食べ物による窒息事故が起きやすいものです。気道は3〜6分間閉塞すると死亡することもありますので、予防や応急手当の方法を知っておくと安心です。
のどに物が詰まるというトラブルには、大きく分けて二つの場合があります。食道を塞いでしまう場合と、気管を塞いでしまう場合です。いずれも呼吸に影響が出るほどの状態であればすぐに異物を取り除く必要があります。異物を取り除くにはいくつかの方法がありますが、どの方法を試みるかは状況によって異なります。まずは落ち着いて、状況を見極めた上での対処が必要です。

高齢者が詰まらせやすい食べ物 窒息させないためには
  • もち、ご飯、パンなど粘りのある食べ物
  • イカやタコ、きのこ類など加熱してもやわらかくなりにくいもの
  • 海苔やレタスなど厚みのないもの
  • パン、ふかし芋などパサパサしたもの
  • 青菜類などの繊維の強いもの
口の中の乾燥、歯の喪失に注意しましょう。
  • 水分をとりながら食べる
  • 歯周病予防や義歯の調整などに心がける

※参考:内閣府食品安全委員会/食べ物による窒息事故を防ぐために

症状の観察

最初に、正常に呼吸できているかを確認してください。食べ物が食道に詰まってしまった場合などは、水で飲み込めるかどうかを試してみましょう。詰まった直後から言葉が出なくなったり、激しく咳き込んだりするような場合には、異物が気道に入ってしまっている可能性があります。異物が上手く取れないと、もがきながら顔が次第に紫色になり、やがて意識がなくなることに繋がります。そのような状態に陥る前に、無理をせず救急車を呼びましょう。

応急処置-成人の場合-

まずは「のどが詰まったの?」などと尋ねてみましょう。正常に声を出すことができず、うなずいたりするのが精一杯な状態であれば「窒息」と判断し、速やかに救急車を呼びましょう。咳をすることが可能であれば、咳を出来るだけ続けさせます。※咳は異物の除去に最も効果的です。
さらに、以下の方法で異物を取り除きます。

《異物が詰まった直後で、意識がある場合》

ハイムリック法(腹部突き上げ法)

  • 01  対象者を立たせる、または座らせた状態にし、背後から両脇に腕を通して抱きかかえます。このとき、救護する人は対象者と体を密着させてください。
  • 02  背後から抱きかかえた状態で、片手で対象者のへその位置を確認し、もう一方の手で握りこぶしを作り、親指側を上腹部(へそより上、みぞおちより十分に下方)に当てます。
  • 03 へその位置を確認した手で握りこぶしを作り、手前上方に向かって素早く突き上げます。

※何度か試して効果が無い場合は、背部叩打法に切り替えましょう。

背部叩打法

  • 01 救護する人はひざまずき、対象者を自分の方に向け、横向けに寝かします。
  • 02 手の付け根で、肩甲骨の間を力強く何度も連続して叩きます。

※背部叩打法では、座らせた状態、立たせた状態で行っても構いません。

《異物が詰まってから時間が経過し、意識がない場合》

呼びかけても反応がない場合、あるいは応急処置を行っている途中にぐったりして反応がなくなった場合には、直ちに心肺蘇生法を開始します。

  • 01 119番通報をして救急車を呼びます。(屋外などの場合は周囲の人に通報をお願いしましょう)
  • 02 気道をしっかりと確保してから、人工呼吸を【2回】行います。
  • 03 心肺蘇生法の途中で口の中に異物が見えた場合、速やかに異物を取り除きます。
  • 04 口の中に異物が見えない場合、そのまま胸骨圧迫【30回】と人工呼吸【2回】を繰り返します。

《のどに詰まった物が口の中に見えた場合》

のどに詰まった物が口の中に見えた場合、指交差法で口を開けさせ、異物を取り除きます。

指交差法による異物の除去

  • 01 顔を横向きにします。
  • 02 親指と人差し指を交差させた状態で、親指を上の歯に、人差し指を下の歯に当てます。
  • 03 親指と人差し指をひねるようにして患者の口を開きます。
  • 04 片方の人差し指にガーゼなどを巻き、口の中の異物を取り除きます。

口の奥にある異物は指でとりのぞくのは困難です。かえって異物を押し込みかねないので、無理にのどの奥に指を突っ込まないようにしましょう。

手当のポイント

  • ハイムリック法(腹部突き上げ法)と背部叩打法の両方ができる状況で、どちらか一方を行っても効果がない場合は、もう一方を試してみましょう。
  • 横になっている場合や、座ったまま自力で起き上がれない場合には、背部叩打法を行いましょう。

してはいけないこと

  • 妊婦(明らかに下腹部が大きい場合)には、流産の恐れがあるので、ハイムリック法(腹部突き上げ法)を行ってはいけません。
  • 対象者に意識がない場合、胃から逆流したものが気道に入る可能性があるので、ハイムリック法(腹部突き上げ法)や指交差法を行ってはいけません。

ページの先頭へ