eonet.jp > 健康 > 薬と応急処置 > イヌやネコに噛まれた・ひっかかれた

応急処置を知ろう ファーストエイド応急処置

イヌやネコに噛まれた・ひっかかれた

イメージ イヌやネコなどの哺乳類の口腔内には、さまざまな細菌が繁殖しています。そのため、噛まれたり、ひっかかれたりした場合は感染した可能性があるので、しっかり洗浄、消毒しましょう。また、感染を起こした場合には噛まれた部分が赤く腫れたり、かゆみや痛みが出たりします。場合によっては傷口から膿(うみ)や汁が出てくることもあります。

咬傷(噛まれた傷)はイヌによるものが最も多いですが、イヌは噛む力が強いため、皮下組織が壊されやすくなります。皮下組織が壊された傷口には、嫌気細菌(空気に触れると死滅する細菌)が繁殖しやすくなるので十分な注意が必要です。

ネコの場合も牙が細くて鋭いため、肌に深く突き刺さります。こちらも細菌による感染を引き起こしやすいと言われています。また、ネコの鋭いツメで引っかかれた場合にも、感染症にかかる場合があります。

応急処置<傷が比較的浅い場合>

  • 01 水道水や生理食塩水で傷口を洗い流します。
  • 02 消毒液で傷口を消毒します。
    噛まれた場合はもちろん、引っかかれた場合にもしっかりと消毒しましょう。
  • 03 患部を清潔なガーゼで覆います。
  • 04 必ず、病院で受診しましょう。

応急処置<出血が止まらない場合>

出血が多いときは、清潔なタオルを傷口に当てて、上から押さえて止血をしましょう。

出血時の応急処置

手当のポイント

  • 噛んだ犬が狂犬病の予防注射を受けていれば、上記の処置をすれば心配いりませんが、念のため病院で受診しましょう。

代表的な感染症

【破傷風】

動物に噛まれた場合、破傷風にかかる恐れがあります。破傷風菌は小さな傷口からも感染することがあり、感染すると最初は口が開きにくくなり、場合によってはけいれんを起こしたりすることもあります。とくに子供は感染の可能性が高いので、破傷風の予防接種を受けておくと安心です。3回の予防接種で破傷風の基礎免疫ができます。

【狂犬病】

現在日本ではワクチンで予防しているため、イヌの狂犬病発症は無いと言われていますが、人が狂犬病に感染した場合、死に至る事もあります。念のため以下の点に注意しましょう。

  • 噛んだ犬が飼い犬か野良犬か、狂犬病の予防注射を受けているかどうかを確認しましょう。
  • もし野良犬に咬まれた場合は、すぐに保健所に連絡して、犬を捕まえてもらいましょう。
  • 噛んだ犬が狂犬病にかかっている場合は、保健所の指示に従い、予防ワクチンの注射を受けましょう。

【猫ひっかき病】

ネコに噛まれる、引っかかれることで感染する感染症です。ネコの口腔や爪などに付着したネコノミの糞の中の細菌が原因で発生します。人間に感染すると、3〜10日程度の潜伏期間を経て、傷口付近に発疹が現れます。また、リンパ節に痛みや腫れが現れるようになり、寒気や発熱、だるさ、食欲不振などの症状が認められるようになります。一般的には自然に治る病気ですが、免疫機能が低下している場合は肝臓などに影響が出ることもあります。

【パスツレラ症】

イヌやネコの口の中に住むパスツレラ菌という細菌が原因の感染症です。イヌやネコに噛まれたり、引っかかれたりすると、傷口がかゆくなったり、ズキズキとした痛みを感じたり、化膿したりすることがあります。ひどい場合には、呼吸器系の疾患や外耳炎、骨髄炎、敗血症などを引き起こすこともあり、死亡例も報告されています。抵抗力が弱まっている人(高齢者や糖尿病、肝臓障害など)の場合、動物とキスをしたり、口移しで食べ物を与えたりすることで感染する場合もありますので、とくに注意が必要です。過度なスキンシップを避け、イヌやネコを寝室に入れないようにしましょう。

ページの先頭へ