eonet.jp > 健康 > 薬と応急処置 > のどに物が詰まった(子ども編)

応急処置を知ろう ファーストエイド応急処置

のどに物が詰まった(子ども編)

子ども、特に乳幼児は、興味を持ったら何でも口に入れてしまう傾向にあります。まずは、詰まらせやすいものを手の届くところに置かない、与えるときは大人が見守ってあげる、などの注意が必要です。のどに詰まらせ、気道を塞いでしまったときには、落ち着いて状況を見極め、対処をしましょう。

乳幼児が詰まらせやすい食べ物

ナッツ類 丸い飴 こんにゃく入りゼリー ちくわ
ポップコーン たくあん プチトマト 生のにんじん 棒状のセロリ
リンゴ ブドウ 肉片 こんにゃく ソーセージ
おせんべい

窒息させないためには

  • ピーナッツなどの豆類は3歳まで食べさせない
  • 車や飛行機の中では食べさせない
  • 寝ながら、歩きながら、遊びながら、ものを食べさせない
  • 食べ物を口に入れたまま会話をさせない
  • テレビを見ながら食事させない
  • 食べ物を放りなげて食べさせない
  • 食事中に驚かせない
  • 食べることを無理強いしない
  • 年長の子どもが危険な食べ物を与えることがあるので注意する

応急処置-乳児(1歳未満)の場合-

《意識がある場合》

背部叩打法を行います。

  • 01 自分の片腕にうつぶせにして乗せ、手のひらで顎を支えます。
    のとき、乳児の頭が体よりも下になるようにしてください。
  • 02 肩甲骨と肩甲骨の間を力強く5回程度叩く。
  • 03 口の中に異物が出てきたかどうか注意深く確認する。

※乳児には、内臓を損傷する可能性があるので、ハイムリック法(腹部突き上げ法)を行ってはいけません。

《意識がない場合》

小気道や呼吸の障害で心停止になっていることが多いため、119番通報より先に心肺蘇生法を行います。まず2分間(5サイクル)の心肺蘇生法を行いましょう。

応急処置-小児(1〜8歳)の場合-

《意識がある場合》

背部叩打法か、ハイムリック法(腹部突き上げ法)を行います。

■背部叩打法

  • 01 抱きかかえるか、太ももの上に乗せる。
    このとき、幼児の頭が体よりも下になるようにしてください。
  • 02 肩甲骨と肩甲骨の間を力強く5回程度叩く。
  • 03 口の中に異物が出てきたかどうか注意深く確認する。

■ハイムリック法(腹部突き上げ法)

成人と同じ手順で行います。

「ハイムリック法(腹部突き上げ法)」

《意識がない場合》

小気道や呼吸の障害で心停止になっていることが多いため、119番通報より先に心肺蘇生法を行います。まず2分間(5サイクル)の心肺蘇生法を行いましょう。

手当のポイント

  • 口の奥にある異物は指でとりのぞくのは困難です。
    かえって異物を奥に押し込みかねないので、のどの奥に無理に指を突っ込まないようにしましょう。

してはいけないこと

  • 乳児には、内臓を損傷する可能性があるので、ハイムリック法(腹部突き上げ法)を行ってはいけません。
  • 意識がない場合、胃から逆流したものが気道に入る可能性があるので、ハイムリック法(腹部突き上げ法)を行ってはいけません。

参考:【PDF】内閣府食品安全委員会/食べ物による窒息事故を防ぐために

ページの先頭へ