eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 沖縄気分☆ゴーヤともずくのかき揚げ

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      沖縄気分☆ゴーヤともずくのかき揚げ

      むくみ対策 腸内環境

      レシピトップページへ戻る

      沖縄気分☆ゴーヤともずくのかき揚げ

      • 時間
      • 調理時間:30分
      • カロリー
      • カロリー:253kcal

      ゴ―ヤは苦味成分のある野菜ですが、栄養価は非常に豊富です。ビタミンCが多く含まれ、糖尿病予防効果もあります。もずくは低カロリーカルシウム鉄分、ミネラル、食物繊維が豊富なので、ダイエットをめざす方にはピッタリです。

      【夏が旬の食材】

      材料(4人分)

      ゴーヤ:1本
      もずく:150g
      セロリ:50g

      小麦粉:80g
      塩:小さじ1/4
      水:80cc
      卵黄:1個

      揚げ油

      ≪飾り≫
      プチトマト:4個

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      ゴーヤは縦半分に切り、ワタをスプーン等で取り、3ミリ厚さのスライスします。もずくはきれいに水洗いします。セロリは筋を取って、3ミリ厚さの斜めスライスにします。
      作り方1
      小麦粉に塩を混ぜ、水、卵黄を合わせたものを加えます。箸で粘りを出さないようにさっと混ぜます。
      作り方1
      (1)と(2)をさっくりと合わせます。
      作り方1
      180度の油で(3)を揚げます。表面の泡が少なくなってきたら火が通った証です。
      作り方1
      かき揚げを器に盛り付け、1/4に切ったプチトマトを飾ります。

      ワンポイントアドバイス

      ゴーヤの苦みはワタに多くあるので、これをきれいに取り除くと食べやすくなります。それでも苦いときは、切ったものを塩揉みして洗い流すと良いでしょう。

      もずくは味の付いていないものを使用してください。

      かき揚げは、大きめのスプーンやお玉などに生地を入れて油に落とすと、失敗なく形がとれます。

      油に入れたらすぐに触らず、表面が固まってから裏返しましょう。

      泡が少なくなると出来上がりですが、完全に出なくなるまでになると、揚げすぎです。

      好みで、抹茶塩、ポン酢等を添えても美味しくいただけます。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 253 kcal
      カリウム 231 mg
      カルシウム 27 mg
      コレステロール 25 mg
      ビタミンA 34 μg
      脂質 21 g
      炭水化物 13.4 g
      たんぱく質 2.1 g
      鉄分 0.5 mg
      ビタミンB1 0.06 mg
      ビタミンB2 0.1 mg
      ビタミンC 42 mg
      食物繊維 2.7 g
      食塩相当量 1 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ