eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 絶品タレのピビンそうめん

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      絶品タレのピビンそうめん

      冷え性 むくみ対策

      レシピトップページへ戻る

      絶品タレのピビンそうめん

      • 時間
      • 調理時間:20分
      • カロリー
      • カロリー:449kcal

      利尿作用のあるきゅうりは、体内の余分な水分を出し、ゴーヤに含まれるカリウムは、水分代謝を活発にさせるので、むくみでお悩みの方にピッタリです。また、唐辛子に含まれるカプサイシンは、脂肪を燃焼して体を温めるため、冷え性の方にも嬉しいメニューです。

      【夏が旬の食材】【韓国料理】【そうめんレシピ】

      材料(4人分)

      きゅうり:1/2本
      ゴーヤ:1/2本
      すりごま:大さじ1
      ごま油:大さじ1/2
      プチトマト:8個
      玉ねぎ:1/4個
      白菜キムチ:100g

      ≪ピビンタレ≫
      おろしにんにく:小さじ1/3
      白ねぎみじん切り:小さじ1
      おろししょうが:10g
      すりごま:大さじ4
      韓国粉唐辛子:大さじ1
      みりん:小さじ2
      しょうゆ:大さじ1
      砂糖:大さじ1
      鶏がらスープ粉末:小さじ1
      ごま油:大さじ2
      コチュジャン:大さじ2

      そうめん:3束分
      温泉卵:4個
      松の実:大さじ2
      韓国のり:4枚

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      きゅうりは縦半分の斜め薄切りにし、ゴーヤは縦半分に割って種とわたを取り除き、4〜5mmの厚さに切ります。それぞれ、ひとつまみの塩で揉んでしんなりさせ、水気を絞ります。すりごま、ごま油で下味をつけます。
      作り方1
      プチトマトは1/4に切り、玉ねぎは薄切りにして水に晒し、水気を取ります。白菜キムチは1口大に切っておきます。
      作り方1
      ピビンタレの調味料をを合わせ、よく混ぜておきます。
      作り方1
      たっぷりの湯でそうめんをゆがき、(3)を絡ませます。器に盛り付け、(1)、(2)、温泉卵、松の実、韓国のりをのせてできあがりです。

      ワンポイントアドバイス

      ゴーヤはわたに苦みが多いので、スプーンなどできれいに取り除きましょう。しんなりさせた後、ゆがくと更に苦みがなくなりますので、苦手な方はお試しください。

      ピビンタレの韓国粉唐辛子は、手に入らなければコチュジャンを少し増やしてください。日本の一味唐辛子などは、唐辛子の性質が違うので辛くなりすぎます。

      本来は韓国冷麺で作るのですが、今回は手軽にそうめんで作ります。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 449 kcal
      カリウム 538 mg
      カルシウム 182 mg
      コレステロール 210 mg
      ビタミンA 131 μg
      脂質 23.6 g
      炭水化物 43.7 g
      たんぱく質 15.4 g
      鉄分 3.1 mg
      ビタミンB1 0.19 mg
      ビタミンB2 0.37 mg
      ビタミンC 39 mg
      食物繊維 4.7 g
      食塩相当量 3.6 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ