eonet.jp > 健康 > 健康レシピ > 枝豆のビシソワーズ(冷製スープ)

rss

カラダにおいしい健康レシピ

      枝豆のビシソワーズ(冷製スープ)

      腸内環境

      レシピトップページへ戻る

      枝豆のビシソワーズ(冷製スープ)

      • 時間
      • 調理時間:30分
      • 冷やす時間を除く
      • カロリー
      • カロリー:169kcal

      冷やしても温めてもおいしい、ちょっとオシャレな枝豆のスープです。枝豆に含まれる食物繊維は、腸内環境を整えて腸内の有害物質を体外に排泄する働きがあり、ビタミンB1は糖質の代謝、ストレスなどにも対応しながらデリケートな腸内を守ってくれる優しい栄養素です。又、アルコールの分解を助け、肝機能の負担を軽くするので、お酒を飲む時にも効果的な食品です。

      材料(4人分)

      《枝豆のピューレ》
      枝豆(サヤつき):350g
      塩:適量
      玉ねぎ:1/4個
      絹ごし豆腐:1/2丁
      水:50cc

      牛乳:300cc
      チキンコンソメ:1と1/2個

      《調味料》
      塩、こしょう:各少々

      《盛り付け用》
      生クリーム:小さじ4
      枝豆(浮き実用):適量

      材料を携帯に送る

      作り方

      作り方1
      枝豆はたっぷりのお湯で塩茹でにしてから身を取り出しておきます。(5個程度、ミキサーにかけず別に取っておきます。)
      作り方1
      玉ねぎはみじん切りにして、そのまま30分程度おいておきます。
      作り方1
      ミキサーに茹でた枝豆、玉ねぎ、絹ごし豆腐、水を入れて攪拌しておきます。
      作り方1
      鍋に牛乳とチキンコンソメを入れて沸騰させないように中火で温め、(3)の枝豆のピューレを加え、さらに3分程度温めたら、塩、こしょうで味を整えます。
      作り方1
      少し冷まして粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。
      作り方1
      (5)を器に注ぎ、生クリームを回し入れて、(1)で別に取っておいた枝豆を散らします。

      ワンポイントアドバイス

      牛乳は沸騰させないように、中火〜やや弱火程度で温めましょう。
      温かいスープでもおいしくいただけます。

      栄養価

      栄養価のグラフ

      ※30〜49歳男女の1日分の栄養価摂取基準を100とし、レシピの栄養価を示したものです。

      ※基準値は厚生労働省の発表に基づいた値です。

      このメニューの栄養価(一人前あたり)

      エネルギー 169 kcal
      カリウム 479 mg
      カルシウム 136 mg
      コレステロール 15 mg
      ビタミンA 61 μg
      脂質 9.3 g
      炭水化物 11.4 g
      たんぱく質 10.4 g
      鉄分 1.6 mg
      ビタミンB1 0.21 mg
      ビタミンB2 0.2 mg
      ビタミンC 15 mg
      食物繊維 2.7 g
      食塩相当量 1.5 g
        レシピトップページへ戻る

        ページの先頭へ