eonet.jp > 健康 > 健康とくらし情報 > 金城式ダイエット

特集:金城式ダイエット 2010年5月6日

太らないカラダの作り方

  • 体質チェック
  • 痩せられない理由
  • 正しいダイエットとは
  • 話題のメディカルダイエット

      あなたが痩せられない理由 間違いだらけのダイエット

      これまでに、テレビや雑誌、口コミなどで見聞きしたダイエット方法を試してみたものの、「どれも上手くいかなかった」という方も多いはず。しかし、そのことはあまり気にしなくても良いのです。なぜならば、これまでに紹介されてきた数々のダイエット法の多くが“間違いだらけ”だったからです。
      結論から言うと、痩せることは誰でも簡単にできるのです。「肥満」という状態は、脂肪を燃焼しきれないことで起こるため、極端なことをいえば、「食べなければ痩せる」のです。特定の食品だけを摂ることで、闇雲にカロリー摂取を控えるといったダイエット法がもてはやされていますが、もちろん、これは体にとって“百害あって一利無し”。そのようなダイエット法を試してみた結果、一時的に効果があった(体重が減った)としても、ほとんどのケースで1年以内に“リバウンド”をしているのが実情です。それは、脂肪の燃焼に必要となる栄養素をしっかり摂ることができていないことや、脂肪を燃焼させるための筋肉が減ってしまっていることが原因です。つまり、ダイエットのためには、食事と運動のバランスが重要な要素になるということです。

      間違ったダイエットが肥満体質を加速させる

      間違ったダイエットによる肥満体質の加速図

      脂肪の燃焼や筋肉という話になってくると、「スポーツやエクササイズがベスト」と思われるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。日頃から運動をする習慣のなかった方が、いきなり激しいスポーツやエクササイズを始めても、ケガのリスクが高くなるだけです。ケガをしなかったとしても、相当な決意を持って取り組まない限り、長続きするものでもありません。結局のところ、スポーツをやめた途端にリバウンドするという結果に終わります。
      また、カロリー消費の多いスポーツとして知られる水泳に取り組む方も多いようですが、プールの水で体が冷えてしまい、逆に脂肪燃焼の妨げになっていたというケースもあります。かといって、まったく体を動かすことがなければ、脂肪を燃焼させることは難しくなります。したがって、ダイエットに必要となるのは、毎日続けられる簡単な運動ということになります。

      これまでのダイエットの常識だった「できるだけ食べない」「しっかり・きっちり運動する」ということはいったん忘れて、心機一転、正しいダイエットに取り組んでみませんか? それでは引き続き、誰にでもできる“正しいダイエット”の具体的な方法をご紹介しましょう。

      ≫知ってトクする「3つのダイエット習慣」

        健康とくらし情報トップページへ戻る

        ページの先頭へ