eonet.jp > 健康 > 健康とくらし情報 > 金城式ダイエット

特集:金城式ダイエット 2010年5月6日

太らないカラダの作り方

  • 体質チェック
  • 痩せられない理由
  • 正しいダイエットとは
  • 話題のメディカルダイエット

      正しいダイエットとは「頑張らなくても続けられるもの」

      ダイエットのために「食べない」とか「スポーツをする」といったことは、スポーツが趣味という方は除き、多くの方にとって、無理なことを頑張っている状態ということもできます。ダイエットの本来の目的は健康な体をつくることですから、一時的に頑張ることよりも、無理なく続けられることが何よりも大切。ダイエットに気合いなどは必要ありません。そもそも、体重を一気に落とすことは健康のためになりません。日々の暮らしの中で、小さな工夫や取り組みを積み重ね、じっくりと効果を確かめながら取り組んでいきましょう。

      正しいダイエットの基本 その1 噛む回数を数える代わりに「箸を置く」

      ダイエットに取り組むからといって、食事の量をいきなり減らすことはよくありません。それよりも、ゆっくり、よく噛んで食べることを心掛けてください。よく噛んで食べる(アゴを動かす)ことは、私たち人間の食欲をつかさどる「満腹中枢」を刺激することにつながります。
      ただし、ここで気を付けたいのは「食べ物を口に入れたら、最低30回は噛もう」などと決めないことです。1回、2回、3回…と数えていると、せっかくの食事が美味しく感じられませんし、習慣づける前にイヤになってしまいます。そこで、噛む回数を数える代わりに「箸を置く」ようにしてみましょう。口の中に入れた食べ物を飲み込むまでは、箸を置く。ちょっとした工夫で、ゆっくり、しっかり噛んで食べる習慣が身に付くはずです。

      噛む回数を数える代わりに「箸を置く」

      正しいダイエットの基本 その2 ビタミン・ミネラルも重要なファクター

      ビタミン・ミネラルも重要なファクター

      ダイエットの基本中の基本は、栄養バランスの良い食事を心掛けること。野菜や果物をしっかり食べることが必要ですが、ハウス栽培や農薬で育てられた現在の野菜や果物は、昔のそれらに比べて、ビタミン等の栄養素が半分〜1/10にまで低下していると言われています。
      筋肉を保護し、成長を促進するのに役立つのが、ビタミンB群マグネシウムカルシウムなどのミネラルです。栄養バランスの良い食事、筋肉の保護と成長のために、不足しがちなビタミン(とくにビタミンB群)やミネラル分を摂取するために、サプリメントを上手に活用してみましょう。ただし、ビタミンやミネラルはたくさん摂り過ぎると、体に悪い影響を与えることもあります。サプリメントを活用する際は、摂取量に注意してください。

      正しいダイエットの基本 その3 体のエンジン(筋肉量)を大きくすれば脂肪は減る

      脂肪の燃焼のカギを握るのが筋肉。筋肉の量を増やせば、基礎代謝が上がっていくため、脂肪も減りやすくなります。筋肉は体を動かすための「エンジン」と考えてみてください。大きなエンジンの自動車は、走らなくても多くの燃料を消費します。人の体もそれと同じで、筋肉量が多い人はじっとしていても、より多くの脂肪を減らすことができるのです。筋肉量を増やせば、いつも通りにしているだけで、燃やせる脂肪の量が増えるということを、しっかり覚えておきましょう。
      まずは、無理なくできる運動から始めてみてください。そして、できれば腹筋・背筋を少しずつ鍛えていきましょう。1日に何十回、何百回もする必要はありません。できる範囲で、無理なく続けていくことが何よりも大切です。簡単プログラムが満載! 「おうちで実践簡単エクササイズ」

      体のエンジン(筋肉量)を大きくすれば脂肪は減る

      ≫「話題のメディカルダイエット」

        健康とくらし情報トップページへ戻る

        ページの先頭へ