eonet.jp > 健康 > 健康とくらし情報 > 薬膳特集

薬膳特集特集:薬膳特集 2011年5月12日、6月2日

  • 特集TOP
  • 「薬膳」の基礎知識
  • 体質チェック
  • 初夏・梅雨の食材選び
  • 初夏の薬膳レシピ
  • 梅雨の薬膳レシピ

    若林先生の薬膳レシピ

    夏野菜のナムル風 蕎麦サラダ

    夏野菜のナムル風 蕎麦サラダ

    夏本番に備えて、バテないための養生を始めましょう。これからの時期には、体の熱をすっきり冷ます食材や、汗で失った水分を補う食材を組み合わせて、体に熱がこもらないようにするのがポイントです。このレシピでは、寒涼性の食材である、セロリ・トマト・きゅうり・ゴーヤをたっぷり使います。苦みのあるゴーヤは、熱を冷ますだけでなく、解毒力があるので、デトックスにもピッタリです。

    ごま油の独特の風味が効いているのに、レモン汁が後味をサッパリと爽やかにしてくれます。コシのある蕎麦の食感と、セロリ、きゅうりのシャキシャキした食感が絶妙。ゴーヤの苦み、みょうがの香りもアクセント。

    • 材料(2〜3人分)

      日本蕎麦:50g
      セロリ:1/2本
      きゅうり:1/3本
      みょうが:1本
      ミディートマト:4個
      ゴーヤ:1/4本

    • ドレッシングの材料

      すりおろしにんにく:1片分
      しょうゆ:大さじ2
      ごま油:大さじ2
      レモン汁:小さじ3
      みりん:大さじ1
      水:50cc
      三温糖:大さじ1
      白炒りゴマ:大さじ1

    つくり方

    1. ドレッシングの材料をボウルに合わせ、ドレッシングを作っておきます。
    2. セロリ、きゅうり、みょうがは千切りにし、トマトは四つ切り、ゴーヤは薄切りにします。セロリとゴーヤは軽く茹でておきます。
    3. 蕎麦を茹でて皿にあげ、野菜を盛り付けます。最後にドレッシッングを加えてできあがり。

    菊花ジャスミン茶

    菊花ジャスミン茶

    これからの時期は、蒸し暑さで気の流れも滞りがちになります。爽やかな香りで気の流れを良くするジャスミン茶をベースに、身体の熱をすっきり冷ましてくれる菊花を浮かべて、ほっこりするティータイムを。菊花は目の疲れや頭痛にも良いとされています。冷房が利いている部屋ならホットで、暑いときにはアイスでも楽しめます。
    ※菊花は酸化しやすいので、長期保存する場合は冷凍庫へ

    本格中国茶のお作法で入れると、味や香りはやはり格別。ですが、ティーポットやマグカップでも十分に愉しむことができます。お気に入りのカップにティーパックとカワイイ菊花を1つ浮かべてみてください。 爽やかなジャスミンの香りと、かわいらしく浮かぶ菊花に癒やされます。

    • 材料(2〜3杯分)

      ジャスミン茶:茶葉タイプやティーバッグでもOK
      菊花:2個
      熱湯:ティーポットに合わせて適宜

    つくり方

    1. ティーポットに茶葉・菊花を入れて、熱湯を注ぎます。
    2. 2〜3分ほど蒸らしてできあがり。

    ≫梅雨対策の薬膳レシピをご紹介

      健康とくらし情報トップページへ戻る

      ページの先頭へ