eonet.jp > 健康 > 健康とくらし情報 > ウォーキングの新スタイル・ノルディックウォーキング特集

特集:ノルディックウォーキング特集特集:ノルディックウォーキング特集 2012年4月5日

    ノルディックウォーキングは、日本でも徐々に愛好者が増えつつある北欧の国・フィンランド生まれのお手軽スポーツ。スキーで使うストックに似たポールを手にして歩くだけで、全身の筋肉を強化でき、心肺機能も高まるとあって注目が集まっています。そんなノルディックウォーキングを始める前に、知っておきたい基礎知識や覚えておきたいポイントなどについて、スポーツショップクロスの垂口さんにお話を伺いました。

    誰でもできる気軽なスポーツ

    雪原をスキーで駈けるクロスカントリースキーの選手が、雪のない夏場のトレーニングの一環として始めたのが由来と言われています。発祥の地はフィンランドで、スポーツとしての歴史は12年ほど。日本では2005年頃から始まった、まだまだ新しいスポーツです。
    ノルディックウォーキングは、2本のポールを使って歩くことで、全身運動ができるのが特長で、筋力強化や心肺機能の向上、血液の循環を高めるといった効果が期待できます。ジョギングに近い運動効果がありながら足、ひざ、腰への負担は少なく、日ごろ運動やスポーツの経験がない人、気軽に取り組めるスポーツを始めたい人にはピッタリ。ポールの押し具合を調整するだけで負荷をコントロールできたり、ウォーキングでは得がたい「スポーツ後の爽快感」がしっかり味わえたりするのも大きな魅力です。

    左:垂口さん 右:木村さん 木村さんはノルディックウォーキングをはじめて1年半。いつもお友達とおしゃべりしながら楽しくウォーキングしているそうです。

    左:垂口さん 右:木村さん
    木村さんはノルディックウォーキングをはじめて1年半。いつもお友達とおしゃべりしながら楽しくウォーキングしているそうです。

    エネルギー消費量が20〜30%も上昇

    たとえば、ある人が通常のウォーキングを行った場合、心拍数は120拍/分でしたが、ノルディックウォーキングを行った場合は、約13%アップの136拍/分となりました。
    このように、運動によって心拍数を上げることで、心肺機能の強化や血流改善などに繋がります。また、ノルディックウォーキングは、2本のポールを使って歩くため、通常のウォーキングに比べると、エネルギー消費量が20〜30%も上昇すると言われています。ポールを使うことにより、上腕筋や肩まわりの筋肉、大胸筋、広背筋など、とくに上半身の筋肉をよく動かすことができるため、肩こりの解消や気になる部分のシェイプアップ、姿勢を良くするといったことも期待できそうです。

    素晴らしい健康効果

    ≫はじめよう!ノルディックウォーキング!

    監修・指導:JNFA公認インストラクター:垂口波人さん

    監修・指導:JNFA公認インストラクター:垂口波人さん スポーツショップ 株式会社クロス

    ノルディックウォーキングは、決してハードな運動ではありません。しかし、スポーツをした後のような爽快感と、たしかな運動効果を得ることができます。30分〜1時間くらいが目安になりますが、1日の中で15分〜30分に分けて行う、といったやり方でもOKです。少しでも興味を持ったら、ぜひ一度体験して欲しいと思います。

      トップページへ戻る

      ページの先頭へ