eonet.jp > 健康 > 健康とくらし情報 > これなら続けられる!ストレスにならないランニング継続術

特集:これなら続けられる!ストレスにならないランニング継続術特集:ランニング特集 2013年6月6日

      数年前から続いているランニングブーム。大阪マラソンや神戸マラソン、東京マラソンなど大都市を走るマラソン大会が次々と開催され、モデルや芸能人らが続々とランニングを始めるなど、これまでスポーツにあまり関心がなくても、マラソンには興味を持った人が多いかもしれません。
      しかし実際に始めようと思ってもなかなか実行に移せなかったり、いざ始めても三日坊主で終わってしまったり…ということが多いのではないでしょうか。
      今年こそ、ランニングを始めて健康な体づくりを始めませんか?ストレスなく続けられる、ランニング継続のコツをお教えします。

      ランニングを続けると、こんなに良い効果が!

      シューズさえあれば明日からでも始められるランニング。誰でも気軽に始められるスポーツですが、ランニングには以下のような効果があると考えられています。

      リラックス効果 / 肌ツヤがよくなる / 肩こり・冷え性の改善 / ダイエット

      メタボ解消!ダイエット効果

      ランニングは有酸素運動です。十分な呼吸をしながら酸素を消費する有酸素運動は、糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼させるため、脂肪燃焼によいとされています。

      肩こり・冷え性が改善

      有酸素運動を行うことで、血流がよくなります。血流がよくなるとコリもほぐれるため、肩こりの改善につながるのです。また、冷え性も血行不良により起こるため、マラソンによって冷え性の改善も期待できます。

      お肌がツヤツヤに

      血流がよくなると、新陳代謝がよくなり老廃物の排出や栄養の吸収がスムーズに。ただし美肌の敵である紫外線を防ぐ、UVケアはしっかりとすることが大切です。

      気持ちもリラックス

      「ランナーズハイ」という言葉があるように、ランニングにはストレス解消にも最適。走り続けることで、瞑想状態のようになりリラックス効果が期待できます。ちなみにランナーズハイは、脳内麻薬とも呼ばれるエンドルフィンというホルモンが脳で分泌されることによって気分が高揚状態になると考えられています。

      実感! ランニングでこんな効果がありました!

      ランニングを続けると、どんな効果があるのか、実際にランニングを続けている方にアンケートを実施しました。これを読めば、あなたも明日から走りたくなるかも!?

      体重とウエストサイズが20代の頃と同じになりました!

      40代男性

      ランニングを始めたきっかけは、職場の人が大阪マラソンに向けて練習し始めたので、なんとなく…でした。1年目は足を故障してしまい、3カ月休養することになってしまいましたが、今は週1回、5〜10kmほど走っています。続けられているのは、一緒に走ってくれる人がいること、そして走る距離もスピードも無理しないことですね。ランニングを始めてから、体重とウエストサイズが20代と同じになりました。自分のペースでできるランニングは、練習の成果も分かりやすくでるので自分に向いているなと思います。今年の大阪マラソンで、初めてフルマラソンに挑戦します!

      血液検査の結果が改善!太らないために走り続けています

      30代女性

      大阪マラソンの当選をきっかけにランニングをスタート。週2〜3回、1回10〜15kmを走っています。走るための時間を捻出するのがけっこう大変で、忙しくなりました。それでも続けているのは、走らないと太ってしまうから(笑)。ランニングを始める前と比べると、体重は5kg減ったんですが、現在3kgリバウンドしてしまって。(原因はおやつの食べすぎだと言われます…)。でも、健康診断での血液検査の結果は軒並み良くなりました!ランニングの魅力はズバリ「今までにない“苦しみ”を味わえる」ことです!

      老化を感じていましたがまだまだ成長できる!という自信になりました

      30代女性

      運動経験もなく、学生時代は走るのが大嫌いでした。“どうせ落選するだろう”と思いつつ大阪マラソンに応募したら、なんと当選。それから走り始めたんですが、走り出すとけっこう楽しくて、今は週1〜2回、9〜10kmを走っています。
      以前は全く運動をしていなかったので健康に不安がありましたが、今は体重は2kg減り、筋肉量が増えて基礎代謝量も増加、食べても太らない体になりました。たまにランニングをサボることもあるんですが、途端に息が上がるんです。せっかく走れるようになったのに、辞めてしまうとまた走れなくなる…という悔しさが、続けるモチベーションになっているかもしれませんね。あと、ランニングをしていると、いつもと同じ景色が違う景色に見えるんです。ランナーズハイの状態なのかもしれないですが、青い空を見るだけで感動したり、道に咲く花がきれいに見えたり。近ごろは老化を感じることが増えていたのですが、練習をすればするだけ、タイムや持久力が上がるのを感じ、まだまだ人間って成長出来るんだと思えるようになりましたね。

      体重3kg減!残業続きでも疲れにくい体に

      40代男性

      2011大阪マラソンに当選したことをきっかけに始めました。それまでは、2〜3kmすら走ったことがなかったんですが、今では週2回、月に100kmほど走っています。走る前に比べて、体重は約3kg減! おしりも小さくなって、ウエストがベルト1つ分細くなりました。(ズボンがゆるゆるになって、たくさん買い換えました)。でもなぜか、体脂肪はあんまり変わらないんです…。走ることでストレスがなくなって、身体的にも残業が続いても疲れにくくなりました。忍耐力もついたような気がしますね。自分の性格的に、1人でやっていたら続けられなかっただろうと思うので、“RUN友”の存在は非常に大きいです。仲間もできて、ストレス解消にもなって、目標達成感も味わえるのがランニングの魅力。今年の大阪マラソンでは、3時間15分を目指しています。

      ≫ランニングの始め方

        健康とくらし情報トップページへ戻る

        ページの先頭へ