eonet.jp

eo光チャンネル

KANSAIジュニアサッカースタジアム-R

 
TOPチーム紹介 ≫ チーム紹介詳細

チーム紹介詳細

南紀ジュニアサッカークラブ

南紀ジュニアサッカークラブ

2012年6月6日公開

和歌山県田辺市で活動しているサッカークラブ

南紀ジュニアサッカークラブ


あなたのチームはどんなチームですか?


 
当クラブは、1975年に設立され、卒団生500余名を輩出している当地域で一番歴史のあるチームです。
現在は、年長児から小学6年生までの80余名の部員が元気いっぱいに練習に励んでいると共に、県内外のチームと多数の練習試合を行なっています。
公式戦では、県大会出場をはじめ、関西大会や全日本少年サッカー大会への出場経験もあります。昨年度は、全日本少年サッカー大会和歌山県大会で3位になるなど好成績を修めています。
毎年4月には、当クラブ主催で「サクラカップ」、2011年度から「南紀U-10チャレンジカップ」に県内チームを始め、大阪、兵庫、奈良、徳島、三重などの強豪チームを招いて開催しています。

普段の練習メニューはどのようなものですか?


 
■インサイドキック、インステップキック、ヘディングの反復トレーニング
■コーンドリブル、ドリブルフェイントやイージーなシュート練習等の基礎トレーニング
■基礎トレーニングを活かした 1:1 2:2 3:3 4:4 等の対人トレーニング
■最後には基礎、対人トレーニングを活かし、応用しながらパスをするのか?ドリブルをするのか?シュートを打つのか?という選択肢を常に2つ以上はイメージしながらプレーできるようにアドバイスをしながらのゲーム形式のトレーニングを行なっています。

日々の練習の中で心がけていることは何ですか?


 
子ども達が厳しさの中にも楽しさを感じながらトレーニングできるように心がけています。

チームの指導方針は何ですか?


 
サッカーを通じて少年期における基礎体力の向上、また、チームプレーを通して心豊かな思いやりの持てる子どもを育てると共に、勝つ楽しさ、負ける悔しさを感じてもらえるよう指導していく。
団体活動において、フェアプレーの精神を学び、物事の判断を正しくできる人間になってくれるよう指導していく。

チーム作りで大切にしていることは何ですか?


 
指導方針にもあるように、チームプレーを通して思いやりを持ちながら、勝つ楽しさ、負ける悔しさを感じ表現できる子どもに成長していってもらう事を大切に思いながら子供達とトレーニングしています。

サッカーが上達するために一番大切だと思うことは何ですか?


 
サッカーが大好きである事が一番大切だと思います。
サッカーが大好きであれば、一生懸命になり、誰よりも上手くなりたいと思えるのでは…と思います。

子供たちにどんなサッカー選手になってほしいですか?


 
一番は、やはり日本を代表するプロサッカー選手になってほしいです。しかし、誰もがそうなるわけではないので、一人でも多くの子どもが大人になっても何らかの形でサッカーに携わっている社会人になってほしいです。
出来れば、卒団していった子どもが、私達のようにクラブに戻ってきて未来のサッカー選手を一緒に育成できればと思います。

今後のチームの目標や課題は何ですか?


 
子ども一人一人がやる気スイッチの入れ方を探してほしいです。
子ども一人一人の目標や課題は違うと思いますが、そこへ向かうやる気のスイッチをどうすれば入れられるかを自分自身で探して見つけていってほしいと思います。
そのためにも、コーチ陣も一人一人の子どものやる気スイッチを探す努力をしていかなければと思っています。
それは、コーチを続ける限り、永遠のテーマだと思います。

最後に監督から一言お願いします。


 
我が南紀ジュニアサッカークラブは、代表を筆頭にコーチ、子どもみんなが仲良くをモットーに活動しています。
子ども達の楽しさは、悔しさをコーチも共有できるように子ども達とのコミュニケーションを大切にしながら、子ども達と共に成長していけるクラブであり続けたいと思います。

http://www.eonet.ne.jp/~nankijsc/index.html

リンク
 

チーム紹介TOPへ
pageup