eonet.jp

eo光チャンネル

KANSAIジュニアサッカースタジアム-R

 
TOPチーム紹介 ≫ チーム紹介詳細

チーム紹介詳細

太田JFC

太田JFC

2014年1月1日公開

大阪府茨木市で活動しているサッカークラブ

太田JFC


あなたのチームはどんなチームですか?


 
クラブの始まりは、1985年に河川敷広場で、近所の子供たち数人とのサッカー遊びからスタートしました。
5年目に水尾SCさんと初の対外試合。7年目に茨木連盟へ加入し、茨木フェスティバルに参戦。9年目に主催大会を初開催。大阪協会へ加入し、全日参戦。10年目に富山県へ初遠征。19年目にOBが、茨木市初のJリーガーに(2013年時点現役)。25年目にジュニアユースチーム発足。2013現在、部員は年少~6年で105名、小学校は太田、西河原、三島、庄栄、安威、耳原などから来てくれています。
活動は土日を中心に、3~6年は水木夜間のインドアサッカー、5・6年は毎年府外遠征。その他、年数回の親子サッカー大会やデイキャンプなどを実施。サッカー以外でも、地域のお祭りや清掃活動など、選手・指導者・育成会の連携により地域に根差した活動をしています。
とにかく、サッカー&子供大好きで、熱すぎる指導者が熱血指導しています。

普段の練習メニューはどのようなものですか?


 
キッズ期は、ボールタッチ・ドリブル・1対1・ラダーステップなど。
プレゴールデンエイジ期は、リフティング・スクリーン・ヘッドアップ(周辺視野確保)など。
ゴールデンエイジ期は、グッドボディーシェイプ・サポート・チャレンジ&カバー・ボールポゼッションなど。

日々の練習の中で心がけていることは何ですか?


 
全体的なアドバイスと同時に、個々の選手をしっかり観察して、それぞれへのタイムリーなアドバイス。そして、誉める事。

チームの指導方針は何ですか?


 
「勝利は目指すが、勝敗には拘らない」(by:日本サッカー界の父、D.クラマー氏)
少年期は、まだまだ育成が大切という事を念頭においています。すぐに答えを与えず、選手自身で考え、悩み、発見させる。そして、サッカーを通じての人間性の成長。

チーム作りで大切にしていることは何ですか?


 
全てに感謝=「ありがとうございます」の精神と「謙虚さ」。

サッカーが上達するために一番大切だと思うことは何ですか?


 
少年期は「ボールに触れる時間の長さ」だと思います。

子供たちにどんなサッカー選手になってほしいですか?


 
どんなステージであっても、末永くサッカーに携わってもらいたい。サッカーが出来ること、それだけでも感謝できる選手になってもらいたい。そして、サッカーによってより豊かな人生が送られますように…。

今後のチームの目標や課題は何ですか?


 
チームとしては、まずは「茨木市卒業記念大会」の優勝!
選手としては、常にスクリ-ン、視野の確保ができるように。
コーチとしては、オープンマイドで更なる指導力の向上。そして、新しい指導者の発掘。

最後に監督から一言お願いします。


 
チームは今年で29年目になり、指導環境も社会全般も様変わりしてきて、正直に言って「やりにくさ」を感じています。しかし、伝えたい事、やりたい事は一貫して変わっていません。今までどおり、熱く、厳しく、優しく、楽しく指導していきます。
選手たち、コーチ、育成会、交流チーム、OBコーチ、OB・OG選手、すべてのみなさまに感謝です。このチームを継承し、継続し、さらに発展させていきいたと思います。

http://ibarakiojfc.com/

リンク
 

チーム紹介TOPへ
pageup