eonet.jp

eo光チャンネル

KANSAIジュニアサッカースタジアム-R

 
TOPチーム紹介 ≫ チーム紹介詳細

チーム紹介詳細

センチュリーフットボールクラブ

センチュリーフットボールクラブ

2014年2月1日公開

奈良県北葛城郡広陵町で活動しているサッカークラブ

センチュリーフットボールクラブ


あなたのチームはどんなチームですか?


 
OBを中心に、近隣学生コーチが日々練習指導しています。保護者の方が運営をサポートしている、地域との一体感があるチームです。




普段の練習メニューはどのようなものですか?


 
・ボールタッチ(フェイント13種類を四角のグリッドの中で30秒ずつ)
・リアドリ(70~80Mの距離をジョギングしてくる人間をドリブルでかわす)
・ドリブルダッシュ(50Mの距離をトップスピードでドリブルする)
・リフティング(インステップ・インサイド・アウトサイド 100回)
・対人練習(1対1・2対2・3対3)
・パス回し(2人+4人A+4人B)
など、様々な練習メニューを取り入れています。

日々の練習の中で心がけていることは何ですか?


 
ドリブルの時に顔を上げること。対人練習以外でも常に相手を意識した練習や、練習で上手くいった経験を試合に活かせるようにすることを心がけています。

チームの指導方針は何ですか?


 
・サッカーは教えられるものではなく、自分自身の頭と身体で学ぶもの。
・「THINKING A HEAD」先を読む。次のプレーを、1年後を、上のカテゴリーになったら、中学生になったら、高校生になったら、社会人になったら…。そのために今、何が必要かを考える。
・結果は求めるものではなく、ついて来るもの。個人やチームの課題や目標を一つずつ選手全員が克服すれば結果は必ずついて来る。

チーム作りで大切にしていることは何ですか?


 
・『出来る人が、出来る時に、出来ることをする。』
選手・指導者・スタッフ・保護者全員で実行する。選手は、自分達のことは自分達で行なう。出来る!失敗しても何時かは出来る、必ず。
・『全ては感謝の気持ちから』
当たり前は、当たり前ではない。今、ここにいられるのは何故(練習できるのは! 試合できるのは! 大会参加できるのは!)

サッカーが上達するために一番大切だと思うことは何ですか?


 
・切磋琢磨できる真の仲間。
・ジャイアントキリングの気持ちを持った選手。
・「全にして個、個にして全」チームプレーだけでなく個人プレーも大事。
・チームクラブに誇りを持つ。

子供たちにどんなサッカー選手になってほしいですか?


 
素敵な社会人の選択肢の一つとして、大学に進学してJリーガーになって欲しいが、Jリーガーはあくまでも社会人としての選択肢の一つ。
生涯サッカーの一員として、「センチュリーFC100年構想」でもうたわれているように、お爺ちゃんお婆ちゃんになって、孫と手を繋いで一緒に練習に来て、穏やかな目で選手達の練習姿を見守り応援するようになって欲しい。

今後のチームの目標や課題は何ですか?


 
もちろんNo.1!
隣にいる仲間に、「お前と一緒のチームで良かった」と言い合えるチームになること。来期から近隣友好チームと合同で設立する、Junior Youthチーム「アニージョ」に、沢山の選手を送りたい。

最後に監督から一言お願いします。


 
今後も、近隣チームと仲良くしながら切磋琢磨して選手、指導者、チームとも成長していきたいです。

http://cfc1987.jimdo.com/

リンク
 

チーム紹介TOPへ
pageup