eonet.jp

eo光チャンネル

KANSAIジュニアサッカースタジアム-R

 
TOPチーム紹介 ≫ チーム紹介詳細

チーム紹介詳細

旭ヶ丘JSC

旭ヶ丘JSC

2016年6月1日公開

大阪府柏原市で活動するチーム

旭ヶ丘JSC


あなたのチームはどんなチームですか?


 
旭ヶ丘JSCは、創部32年の歴史あるチームです。活動場所は、環境の良い大阪府柏原市立旭ヶ丘小学校のグランド(※旭ヶ丘小学校グランド、柏原市石川河川敷グランド、柏原市円明グランドなど)を中心に行っています。練習には、他地域のチームも参加いただいております。
同じ小学校や幼稚園・保育園出身の選手が多く、仲の良い、チームワーク抜群なチームです。現在、幼稚園年少から6年生まで、約60名の部員が所属しています。
練習は、平日・週末土日練習を行い、低学年は個人スキルを中心に、高学年はさらに攻撃・守備のバリエーションを増やす練習を行います。また、自チーム開催の大会や他チームとの交流を増やすなど、日々頑張っております。
■代表/清岡 雅則
■監督/安達 竜也

普段の練習メニューはどのようなものですか?


 
■幼稚園クラス(U-6)…「好き!」「楽しい!」「もっとやりたい!」という気持ちを重視
・ボールを使い、遊びを多く取り入れた練習
・ボールの動きに対する感覚をつかむ練習
・コーチや仲間と関わる楽しさを知る。思いやり、尊重する事
■1・2年生(U-7、U-8)…「楽しさ」の中に技術を取り入れる
・ボールに慣れる(ドリブル等基礎技術の習得)
・「できる」→「わかる」→「ほめられる」の楽しさを実感する
・ 攻める時も守る時もゴールに対する意欲をつける
■3・4年生(U-9、U-10)…「個人技術」の習得、「個人→複数戦術」の理解
・ボールコントロール力をつける。止める・蹴る、リフティングの種類 ・仲間と協力してゲームをする。リスペクトする ・新しい技術をたくさん知って(研究して)身につける。攻め方、守り方を学ぶ
■5・6年生(U-11、U-12)…「より高度な個人技術」の習得、「グループ戦術」の理解
・更なる個人技術のレベルアップをはかる
・ピッチの視野を広げ、多くの選択肢から良い判断をし、ゴールを目指す
・グループ戦術を理解し、仲間と共通理解を深める

日々の練習の中で心がけていることは何ですか?


 
チャレンジしてエラーする機会を与え、それが恥ずかしいことではないと伝えます。簡単なことを確実に行うようにさせ、次にいろんなイメージを持たせます。そしてそれをメンバーで共有することを心がけています。また、各学年の担当コーチのカラーを活かし、柔軟に子供たちにアジャストすることも考えます。そのために、毎月1回のコーチ会議を行っております。

チームの指導方針は何ですか?


 
当チームでの活動を通じて、子供たちに伝えたいことは2つあります。1つ目は、サッカーで大切なことは、自分で考え判断し、実行するための創造力だということ。自分の判断で自分の未来を創造し、子供たちには「夢」を持ってもらいたいと考えています。その夢を実現するためにしっかりと自分で考え、努力し、失敗を恐れずチャレンジすることが大事です。 そして2つ目が「絆」。サッカーにとどまらず、大人になって社会に出ても、人と人のつながりはとても重要です。これは子供たち個人にとっても大きな財産となります。旭ヶ丘JSCという、地元少年サッカーチームでの活動を通じて、「絆」というかけがえのない財産の重要性を伝えたいと考えています。

チーム作りで大切にしていることは何ですか?


 
学年共通テーマ「挨拶」「整理整頓」「返事」
①挨拶…人とのつながりは、挨拶から始まります。サッカーは集団スポーツです。挨拶により始まりを意識し、交流を深めます。
②整理整頓…サッカーでも準備が必要です。日常生活から準備をすることを共通意識とし、確認し合い、個人とグループ意識を高めます。
③返事…返事だけでなく、しっかりとした意思表示が出来るように「はい!いいえ!」の言える選手環境を作ります。はい!をしっかりと言う。分かりませんとしっかり自己表現する。
この3つのテーマを大切にしております。

サッカーが上達するために一番大切だと思うことは何ですか?


 
旭ヶ丘のグランドでトレーニングを行いたい!コーチに会いたい!などなど、好奇心を誘い、向上する気持ちを高めてあげることが大事だと思います。また、高学年は低学年の見本に!憧れられる存在に!そうなるように、意識すること。子供が変われば保護者の意識も変化があります。どうしても保護者のサポートは大事です。その時に、いい距離感をとっていただくことも必要です。以上の事を踏まえそこから、こうしたいとか意識を具体的に持つことが一番大切だと思います。

子供たちにどんなサッカー選手になってほしいですか?


 
Jリーグや世界で通用する選手になることはもちろん、サッカーに関わる仕事にも興味を持ってほしいです。旭ヶ丘JSCを卒団しても、チームのモットーである「良い人間性を持った者が、良いサッカーができる」を胸に、これからもサッカーを続けて欲しいです。

今後のチームの目標や課題は何ですか?


 
目標は、大阪府の大会では過去最高がベスト16なので、それ以上の結果を残す事。また、地域と密着しながら環境を整え、魅力のあるチーム作りをすることも視野に入れて頑張っていきたいと思います。
課題は、選手の数が減少傾向にあることですが、チームスタッフ・保護者・選手・OB・OGが一丸となって乗り越えていきたいと考えております。

最後に監督から一言お願いします。


 
前監督からチームを引き継いでから4年目ですが、子供たちに関わっている中で、1人でも子供たちがサッカーを好きになり、サッカーを通して良い人間性が育つように心がけ、引き続き指導と育成を行ってまいります。また、地域の方々に末永く愛されるチーム運営を心がけていきたいと考えております。

facebook(旭ヶ丘JSC)

リンク
 

チーム紹介TOPへ
pageup