リンクちゃん号を大解剖

リンクちゃん号写真
リンクちゃん号写真
リンクちゃん号写真
リンクちゃん号写真
リンクちゃん号写真
リンクちゃん号写真
リンクちゃん号写真
リンクちゃん号写真

地球にやさしい電気自動車の車輌にリンクちゃんをデコレートした、リンクちゃん号。タブレット端末を活用した暮らし向上サービスの普及のために、関西中を走りまわります。

spec

リンクちゃん号の特徴

リンクちゃん号の各パーツを詳しくご紹介します。

みたい言葉をクリックしてね

特徴

大リンクちゃん
車の中
目
ナンバー
ホイール
マフラー
車の中②
充電
ディスプレイ

リンクちゃん号ディティール紹介

街の視線を釘付けにする!かわいくトランスフォーム ドレスアップ系癒しカー リンクちゃん号の秘密をチラ見!

再生する

大きなフロントマスクからはかわいい腕と足、サイドとリアに計3つの大型モニター、屋根にはLED搭載のリングなど、ハデめのドレスアップが魅力のリンクちゃん号。実際に製作作業を行った松本車体整備株式会社の松本社長、企画提案、プロデュースを担当した株式会社電産企画の尾臺氏に、製作時の苦労から各パーツの詳細、マル秘エピソードまでを聞いてみました!

リンクちゃん号の生みの親2人の生の声!

  • 再生する
    • 松本車体整備株式会社 松本社長松本車体整備株式会社
      松本社長
      創業50年を超える歴史を持つ松本車体整備株式会社。松本社長は大学卒業後、2年間営業を経験してからこの道に入った二代目社長。通常は顧客のニーズに合わせたトラックの二次加工のほか、板金や整備などを行なっている。今回の作業では、ヘッドライトやテールランプなどのパーツ探しが思い出に残っているとのこと。
    • 株式会社電産企画  尾臺(おだい)氏株式会社電産企画
      尾臺(おだい)氏
      イベント企画をメイン業務としている株式会社電産企画。尾臺氏はクリエイターとして、日夜各地を飛び回っている。今回はプロデュース作業として携わりながらも、実際に現場での作業にも参加。細かなディスカッションを重ねながら、リンクちゃん号を完成へと導いていった。ちなみに車内のカーテンは尾臺氏のハンドメイドだとか!?

再生するリンクちゃん号変身!1000倍速ムービー

だって女のコだもん まぁるく、かわいくは譲れない細部にまでこだわったパーツの数々!

  • 再生する
    • リンクちゃん号の写真リンクちゃんは女の子なんですが、走行時と展示時にテールランプやヘッドランプ、ブレーキランプなど統一して、すべて丸いものを使ってかわいらしい感じにしています。女の子らしく、ということは常に意識していましたね。
  • リンクちゃん号の写真屋根の上には我々が「小リンクちゃん」と呼んでいる小さなサイズのものが常時付いていて、展示時はそれに一回り大きなリンクちゃんをかぶせるんです。ステーを使ってビスで取り付けるなど、固定するのも苦労しました。
  • リンクちゃん号の写真屋根の上のリングにはLEDを入れています。今回、スマートリンクということもあり、リングにあらかじめ仕込んだプログラムで、いろいろな光のパターンを見せられるようにしています。レインボーに光ったりもするんですよ。
  • リンクちゃん号の写真インパクトを持たせるため、リンクちゃんの顔を大きくするイメージで作りました。展示中は手足を付けられるようにして、愛嬌のある感じに仕上げています。手足は軽く作られていて、中は発泡スチロール。外側はFRPで補強しています。
  • リンクちゃん号の写真ヘッドライトは、顔のデザインに合うようにどんなパーツを使うのか、からスタートしました。全体と目の大きさのバランスを考慮しながら選んだのが楽しく、苦労したところです。配線などについても、社外品のパーツなので、少し工夫を加えました。
  • リンクちゃん号の写真サイドのイラストは実際に描いています。車の大きさ、見た場合のバランスなど、難しかったですね。ホイールはモバイルちゃん号と同じ、走行しても回らない無回転ホイールキャップを使っています。

トリプルモニターの大迫力は高性能バッテリーとのコラボから!

  • 再生する
    • リンクちゃん号の写真モニターを取り付けた一番の理由は、スマートリンクタブレットで操作している画面を大きなモニターで見られるということです。これで、イベントなどで来場者にもわかりやすく見てもらえるようになります。 モニターは40インチで3つとも同じものですが、画面に流す内容はそれぞれ変えることができます。大きくて軽いものを探すのに時間がかかりました。重量はひとつ約10kgほどです。
  • リンクちゃん号の写真モニターに関しては両側面と後ろにつけているのですが、直接FRPに取り付けるとなると強度的に少し不安がある、じゃあステーを出すか、ということになると、それをどこから出すのか、など、いろいろ試行錯誤しました。
  • リンクちゃん号の写真長期間の使用を考えて、ユアサM&Bさんとエネゲートさんが共同開発されたバッテリーを3台使っています。フル充電で528Wh、内容にもよりますが、だいたい5、6時間は流すことができます。重さは18kgあります。
  • リンクちゃん号の写真バッテリーを積んだことで、コードレスで屋外展示も可能になりました。100Vを供給できますので、災害時にも役立ちます。地域の集会所などにも置いていただいてます。

収納上手のかわいコちゃん、キレイに片付け、レッツゴー!

  • 再生する
    • リンクちゃん号の写真外装に付けるものは全て車内に収まります。搭載されているバッテリーはもちろん、モニター、大きなリンクちゃん、LEDリング、手足なども含めて全て収納できるようにしています。もしかするとココが一番大変だったかもしれません(笑)。
    • リンクちゃん号の写真通常のメンテナンスはフロントマスクを外して行います。リアは収納用の板張りなどを外してからメンテナンスがスタートします。

ページトップへ