チェックリスト(1週間前〜前日)

お引越し業者の手配や新居のプランが決まったら、
次は電話やガスなど生活に欠かせないものの手配を
始めます。友人などに手伝ってもらうなら、その打ち合せも
早めにしておきましょう。
また、前日までに、役所関係の手続きやお金の用意も
必要になります。貴重品の持ち出しなども
最終確認しましょう。

1週間前まで
電話の移転や引き込み工事の予約
NTTの116番へお引越しする旨を連絡し、新居での
工事の予約を済ませます。工事の際は本人の
立ち会いが
必要なので、早めに日程を決めて
おきましょう。また、携帯電話などの移動通信は
全国どこへ持っていっても
かまわないと思いがち
ですが、事前に問い合わせた方がよいでしょう。
ガスの停止と開栓の予約
今住んでいる地域の営業所に停止の連絡をし、
新居の最寄りの営業所に開栓の予約をします。
本人の立ち会いが必要になるので、早めに日程を
決めておきましょう。
水道料金の精算
移転先が決まったら、今住んでいる地域の
管轄水道営業所に、早めに使用中止の電話連絡を
しましょう。
電気料金の精算
移転先が決まったら、今住んでいる地域の営業所に、
早めに使用中止の電話連絡をしましょう。
転居はがきの発送
転居してもすぐに連絡がつくように、転居はがきは
1週間前までに発送しておくのがオススメです。
お引越しを手伝ってもらう友人・知人との打ち合わせ
運搬や荷解きなどを手伝ってもらうために
あらかじめ連絡しておいた友人・知人と、具体的な
打ち合せをしましょう。
集合時間やタイムスケジュール、役割分担など、
少しでも決めておくと、当日の作業がスムーズに
おこなえます。
荷造り開始
使わないものから順に効率よく荷造りを進めて
いきます。荷造りをお引越し業者に依頼している
場合は、
自分で管理しておきたいものだけ
あらかじめひとつにまとめておきましょう。
前日まで
住民票の転出届の手続き
現住所の市区町村役場で手続きをおこないます。
交付される転出証明書は、
お引越し先で新住所を
登録するときに必要になります。手続きには印鑑を
忘れずに。
国民年金住所変更手続き
現住所の市区町村役場で手続きをおこないます。
転出届と一緒に済ませると便利です。
手続きには国民年金手帳、印鑑、転出証明書が
必要です。
国民健康保険資格喪失手続き
現住所の市区町村役場で手続きをおこないます。
転出届と一緒に済ませると便利です。
手続きには国民健康保険証、印鑑、転出証明書が
必要です。
福祉関係  乳児医療、児童手当、老人医療、その他年金などの手続き
現住所の市区町村役場で手続きをおこないます。
転出届と一緒に済ませると便利です。
手続きには印鑑、転出証明書が必要です。
原動機付自転車の廃車届提出
現住所の市区町村役場で手続きをおこないます。
新住所の市区町村役場で新たに車輌番号の交付を
受けることになります。
転送届提出
郵便局の窓口にある転送届に必要事項を記入して、
ポストに投函しておきます。
1年間は、旧住所に届いた
あなた宛の郵便物が新住所に転送される
ようになります。
ただし、クレジットカードの
配達証明など特殊なものは転送不要とされている
場合があるので、
クレジットカード会社などへの
住所変更手続きもお引越し後に確実におこなうよう
にしましょう。
冷蔵庫・洗濯機の水抜き
家電製品のお引越し準備を確認します。
冷蔵庫や洗濯機の水抜きは忘れがちなので最初に
しておきましょう。
現在の住まいの掃除
現在の住まいの掃除をします。できるだけ傷みや
キズの目立たない状態にお手入れして退去すれば、
不要な修復費を払うことも少なくなるでしょう。
新居の掃除
入居後の快適な生活のために、前日までに新居全体
の拭き掃除だけはしておきましょう。
その際、押入れなどの収納部には防ダニや防カビ
対策を。敷いておくだけで効果を発揮する
防ダニ・
防カビシートなどを利用すると簡単です。しかし、
「遠くてできない」「時間がない」という場合は
清掃サービスを利用するのもひとつの手です。
現在の住まいの近隣の皆さんへのごあいさつ
お引越し当日はバタバタしてしまうので、2~3日前
から近隣へのあいさつまわりをしておきましょう。
留守がちなお宅でも、あいさつ状をポストに入れて
おくなどして、何らかの形でこれまでの感謝の
気持ちと
転居の旨を伝えておきたいものです。
貴重品の保管
お引越し料金を当日現金で精算する場合はその
支払額と、すぐ必要になる食事代などを、
ゆとりを持って用意しておきます。貯金通帳や
印鑑などの貴重品は、
当日に常時携帯するバッグに
ひとつにまとめておきましょう。
コンテンツ提供:アート引越センター

お引越し先でもそのままeo光キャンペーン!ネット・電話・テレビの月額料金が最大3カ月無料!

その他のお引越しのコツもチェック!
プロが教えるお引越しのコツへ戻る
eoサポートダイヤル 受付時間9時から21時 年中無休

【お問い合わせの際に必要です】登録証をお手元にご用意の上、お問い合わせください

eoサポートダイヤル
  • ※電話番号をよくお確かめの上、おかけください。
  • ※応対品質向上のため、お客さまとの通話を録音させていただいております。

ページトップへ