お掃除について

引き払った後に追加費用を請求されないためにも、
掃除や修復は大切。ここでは掃除の基本と、
手軽にできる修復方法をご紹介します。

壁・天井・床
  • 基本は「薄めた洗剤」で水拭き
    まず布やハタキなどでホコリを払い、
    汚れが目立つ場所は薄めた住居用洗剤で
    水拭きをします。手が届かない壁の高い
    ところや天井のホコリは、椅子や脚立に
    乗り、ホウキの先に布を巻いたもので
    払います。

  • 柱や壁・床に残ったクレヨンの
    落書きは「アイロン」で

    落書きの上に布を当て、低温に設定した
    アイロンを押し当てます。クレヨンは油分
    がほとんどなので、熱で溶けて布に
    移ります。当て布の位置を変えながら
    これを繰り返します。あとは住居用洗剤を
    混ぜた洗剤液を含ませた布で拭くだけ。
    すっきりときれいに取れます。

  • 畳の黄ばみを取るなら「みかん」
    みかんの皮を残しておき、それで出し汁を
    つくります。雑巾をその液につけ、
    堅く絞って拭くと効果があります。

  • 柱の釘穴は「つまようじ」で修復
    接着剤をつけたつまようじを穴に詰め、
    穴から出た余分な部分をカッターナイフ
    などで切り取り、見える面を平らに
    仕上げます。つまようじでは細すぎる少し
    大きな穴なら、割り箸を使います。壁紙の
    色にあった修復用パテで埋めると
    いいでしょう。砂壁の場合は、壁の隅など
    の目立たない場所から砂を集めて接着剤や
    洗濯のりで埋めます。

  • 木の柱の小さなへこみや傷は
    「アイロン」で

    柱についた小さなへこみや傷は、水で
    絞った布を当て、上から中温程度の
    アイロンで温めます。布の水分と温度の
    作用で、木が膨らんでへこみや傷が目立ち
    にくくなります。カーペットのへこみも
    同じ方法で、湿っているうちにブラシで
    毛を起こします。

  • 接着剤フックは「酢」で取る
    酢をしみ込ませた布をフックと壁(柱)の
    隙間に当てて、ナイフやドライバーの先で
    剥がすとうまく剥がれます。残った接着剤
    の跡はシンナーで拭き取れば完璧。

キッチン
  • 基本は「薄めた洗剤」で水拭き
    まず布やハタキなどでホコリを払い、
    汚れが目立つ場所は薄めた住居用洗剤で
    水拭きをします。手が届かない壁の高い
    ところや天井のホコリは、椅子や脚立に
    乗り、ホウキの先に布を巻いたもので
    払います。

  • 取り外せるものはつけ置き洗い
    ガス台や換気扇などの取り外せるものは、
    シンクでのつけ置き洗いがラク。
    つけている間、他の掃除ができます。

  • ステンレスのサビは「漂白剤」か
    「酢+クリームクレンザー」で

    還元系の漂白剤か、酢とクリーム
    クレンザーを混ぜたものでこすります。

  • 排水管のつまりは「重曹」が効く
    まずゴミなどをホウキとちり取りで
    掃除し、あとは水で流しましょう。
    排水口のチェックも忘れずに。
    もし詰まっていたら、キッチンの排水口と
    同じ方法で詰まりを取り除けます。

窓・バルコニー
  • 窓には「新聞紙」を
    窓や鏡は洗剤を使わなくても新聞紙と
    水だけできれいになります。水にひたした
    新聞紙で、どんどん拭いていきましょう。
    しつこい汚れがある部分は、しばらく貼り
    つけてから拭き取ります。またハトの
    ふんなどのこびりつきは、少し湿らせた
    後、使用済みのテレフォンカードなどで
    擦り取るとラクに落とせます。

  • バルコニーはゴミ掃除と
    水撒きでOK

    まずゴミなどをホウキとちり取りで
    掃除し、あとは水で流しましょう。
    排水口のチェックも忘れずに。
    もし詰まっていたら、キッチンの排水口と
    同じ方法で詰まりを取り除けます。

作業を軽減するには
  • 荷物が少ないと料金も安くなるし作業も
    ラクになります。不要な物は処分したり
    リサイクルに出したりして
    運ぶ量を
    減らしましょう。お引越し作業全般を
    考えると、例えば500メートル先にお引越し
    するのも、
    隣の県にお引越しするのも
    移動距離の違いはあれ、作業内容はさほど
    変わらないのです。
    お引越し費用は距離だけでなく、荷物の容量
    も重要なポイントになります。
    お引越し先のことをよく考えて、必要なもの
    だけ持っていくようにすれば作業時間も
    短縮できます。

忘れやすいものにご注意
  • お引越し時には荷物を持ち出すのに気を
    取られて、自転車、物干竿、照明などを
    忘れてしまいがち。
    チェックリストを作って持ち出すものを
    チェックするのがオススメです。
    また、お引越し先に着いてから
    新居のカギを
    荷物の中に入れてしまったことに気づいて、
    荷物をひっくり返して探すケースが
    よくあります。
    新居のカギは貴重品と一緒に持って
    おきましょう。

忘れやすいものチェックリスト

お引越しの時に忘れやすいものをリストアップ
しました。 チェックリストとしてお使いください。

  • 入居後に自分で購入した照明器具。
  • キッチンやお風呂、洗面所、
    トイレなどの小物類
  • 節水のため入れておいたトイレの
    水洗タンクの中の瓶など
  • つけたままの突っ張り棚や
    突っ張りポール
  • 風鈴や廉などの吊り下げ物
  • バルコニーの物干し竿や洗濯まわりの
    小物、バルコニー用サンダル
  • 鉢植え類
  • 表札
  • 自転車・屋外玩具類
  • 掃除した後のゴミ、屋外のゴミ箱、
    収納庫
コンテンツ提供:アート引越センター

お引越し先でもそのままeo光キャンペーン!ネット・電話・テレビの月額料金が最大3カ月無料!

その他のお引越しのコツもチェック!
プロが教えるお引越しのコツへ戻る
eoサポートダイヤル 受付時間9時から21時 年中無休

【お問い合わせの際に必要です】登録証をお手元にご用意の上、お問い合わせください

eoサポートダイヤル
  • ※電話番号をよくお確かめの上、おかけください。
  • ※応対品質向上のため、お客さまとの通話を録音させていただいております。

ページトップへ