荷造りについて

自分で荷造りする場合、ほんの少しの工夫が大切です。
「お引越しでどこかへ行っちゃった…」なんてことが
ないよう、荷造りのコツをご紹介します。

荷造り前のコツ
  • お引越しをスムーズにするためには、
    事前に新居の見取り図をつくっておくと
    効率的です。
    部屋ごとの番号を決め、それぞれの荷物
    に運ぶ部屋の番号を記入しておきます。
    お引越し当日に作業員へ説明すれば、
    思いどおりに荷物が納まっていると
    いうわけです。

荷造り時のひと工夫
  • お引越し前後の必需品はまとめて
    梱包し、
    すぐ使うものには黄色の
    ガムテープ、
    食器などの割れ物は
    赤色のガムテープ
    など、色分けすると
    便利です。

  • ダンボールに中身を記入するときは、
    側面にも記入しておくと
    探す際にわかりやすいです。

  • 書籍、雑誌などはミカン箱を目安
    (カートンBOX・Sサイズ)に
    小さめのダンボールに梱包しましょう。

  • 家具の引き出しの中身などは抜き出して
    ダンボールにつめておきましょう。
    その際に家具単位、引き出し単位で
    記入しておくと便利です。

梱包テクニック
  • 使わないものから順に荷造りを進めて
    いくと、効率的。梱包時には作りかけの
    箱が増えてくるので、
    詰め込んだ箱は
    ふたを閉じてどんどん部屋の奥から
    積んでいきましょう。
    そうすればスペースもできて作業が
    しやすくなります。梱包の基本は、
    今目の前にあるものをそのまま入れる
    のではなく、お引越し先を想定して荷物
    をまとめていくことです。
    お引越し先が生活の場所になるのです
    から、すべて転居先をベースに考えると
    梱包もしやすくなります。

トラブルを防ぐ品物別梱包のコツ
  • 食器などの梱包は古新聞を使います。
    新聞紙の上を持って両面を開きながら
    引っ張るとキレイに半分に切れます。
    なるべくたくさん用意してください。

  • ビン類の梱包
    ビンは1本ずつ包みます。

    ビンは立てて、
    すき間に緩衝材を詰めます。

  • 刃物類の梱包
    厚紙などを二つ折りにして
    刃の部分を
    巻きます。
    抜けないようにテープで
    止めます。

    本数が多い場合は、向きを互い違いに
    するとかさばりません。

  • コップ類の梱包
    コップは一つずつ包みます。
    ふたがあるものは別々に包みます。

    すき間に緩衝材を詰めます。

  • お皿の梱包
    お皿は1枚1枚包み、四隅から順に
    内に
    折って包みます。最後にテープで
    止めます。

    すき間に緩衝材を詰めます。

  • 布団類の梱包
    布団を畳んで上から
    布団袋をかけます。

    布団袋をひっくり返して梱包します。

    ※布団の間にガラスなどのこわれものを入れないでください。
避けたいNG梱包
  • ヒモがけ
    結び目がほどけて荷物がばらける
    恐れがあります。

  • 袋詰め
    袋が破れて荷物がとび出る
    恐れがあります。

  • 箱の盛り上がり
    上に物が置けないので
    作業効率の低下になります。

  • 底の組み込み
    重いものを入れた場合、
    底が抜ける恐れがあります。

荷造りのための事前準備
  • ステレオ/ビデオの配線
    配線は事前に取り外してまとめて
    おきましょう。その際、記号などを
    つけておけば、新居での配線が楽に
    おこなえます。

  • 冷蔵庫
    輸送中、冷蔵庫からの水もれで
    他の家財を
    濡らす恐れがあります。
    お引越し前日までに中を空にして
    電源を
    抜いておきましょう。
    また、製氷皿の水を
    すてることも
    忘れずに。

  • ミニバイク・石油ストーブ
    燃料を完全に抜きとり、ストーブ
    などの点火用の電源も外しましょう。

    ※灯油・燃料・オイルなど火災の原因になるものは、
     業者には運んでもらえません。
  • 貴金属
    現金、有価証券、各種通帳、印鑑、
    重要書類、宝石、貴金属、カードは
    バッグなどにひとまとめにして、
    お引越し当日は自分で持ち運び、
    管理しましょう。

  • 洗濯機
    排水ホースなど完全に水を抜いて
    おきましょう。配線ホースの取り付けや、
    部品の追加など専門家による設置が
    必要となる場合があります。
    お引越し業者へ問い合わせましょう。

  • 照明器具の取り外し/取り付け
    コンセントタイプの照明器具でない場合、
    専門家による取り付け、取り外し工事が
    必要となる場合があります。

  • パソコンデータのバックアップ
    大切なデータのバックアップを
    取っておきましょう。

  • 電気/ガス器具の調整
    電子レンジ、洗濯機、乾燥機、
    ガスコンロ
    などはお引越しする場所に
    よって
    サイクル交換、カロリー交換が
    必要です。

コンテンツ提供:アート引越センター

お引越し先でもそのままeo光キャンペーン!ネット・電話・テレビの月額料金が最大3カ月無料!

その他のお引越しのコツもチェック!
プロが教えるお引越しのコツへ戻る
eoサポートダイヤル 受付時間9時から21時 年中無休

【お問い合わせの際に必要です】登録証をお手元にご用意の上、お問い合わせください

eoサポートダイヤル
  • ※電話番号をよくお確かめの上、おかけください。
  • ※応対品質向上のため、お客さまとの通話を録音させていただいております。

ページトップへ