× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

オカダユータ

ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】

撮影:田浦ボン

セットリスト
  1. 1)バイバイ
  2. 2)僕のすべて、君のもとへ
  3. 3)希望風
「みんなに届けたい曲を、早く歌いたい気持ちでいっぱいでした」

「オカダがんばれー」と観客から声援が飛び交う中、2組目に登場したシンガーソングライターのオカダユータ。社会人を経験後ゼロからのスタートを切った彼は多数のメジャーアーティストに楽曲提供も行っており、どんなメロディを奏でるのか期待が高まる。普段は弾き語りスタイルだが、この日はバンド編成で登場。1曲目の「バイバイ」を歌い始めた瞬間、目が覚めるような感覚を覚える。突きぬける声と、優しい声をあわせ持つ圧倒的な歌唱力で、観客を引き込んでいく。そして初めて聞く人も自然と体を揺らしてしまうキャッチーなナンバーは、さすがの一言。2曲目は「僕のすべて、君のもとへ」。くじけそうな気持ちに寄り添ってくれる優しい歌詞が、歌声にのせて心の奥まで染みこんでくる。最後は弾き語りスタイルで「希望風」を披露。彼の歌声はアコギの音にもよく合うなぁとしみじみ。器の大きさを感じさせる、のびのびとしたステージをみせてくれた。

文:西川有紀  撮影:田浦ボン

  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
  • ライブレポート 【オカダユータ】
PAGE TOP