× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

感覚ピエロ

ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】

撮影:田浦ボン

セットリスト
  1. 1)Japanes-Pop-Music
  2. 2)O・P・P・A・I
  3. 3)メリーさん
「ロックは行儀のいい音楽じゃない。みんなかかってこいよ!」

3組目に登場したのは横山直弘(Vo,Gt)、秋月琢登(Gt)、滝口大樹(Ba)、西尾健太(Dr)によるロックバンド「感覚ピエロ」。2013年7月結成と同時に自主レーベルを立ち上げ、半年間でリリースした3枚のアルバムはソールドアウト。同期間にMV作品を2本発表するなど、関西音楽シーンを疾走している。そしてライブを観て確信する。この勢いは誰にも止められまいと―――。ステージに現れるなり「上に飛べるか?」(横山)と観客をあおり、エモいロックナンバー「Japanese-Pop-Music」を披露。会場をジャンプで揺らし、一瞬にして感覚ピエロの世界に観客を引き込んでいく。さらに「俺たちと一緒に楽しめるか?」(横山)とコールアンドレスポンスで一体感を生み、個々の技量の高い演奏で心を掴んでいく。2曲目の「O・P・P・A・I」はベースの低音が心地よいダンスロックチューン。「おっぱい」コールで盛り上がっていく光景はまさにカオス。横山のセクシーな裏声に観客が酔いしれているように見える。「ロックは行儀のいい音楽じゃないんだからみんなかかってこいよ!」(横山)とさらにあおり、最後の曲「メリーさん」へ。観客もメンバーの暴れっぷりもさらに激しくなり、会場の熱気は最高潮に達した。

文:西川有紀  撮影:田浦ボン

  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
  • ライブレポート 【感覚ピエロ】
PAGE TOP