× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

プププランド

ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】

撮影:田浦ボン

セットリスト
  1. 1)おっぱい
  2. 2)ミスタームーンライト
  3. 3)メトロ
「速い曲をするだけがロックバンドじゃない!一緒に気持ちよくなれたら嬉しい」

今回のライブでは、各バンドの演奏前に紹介VTRが流されたのだが、4人が縄跳びで遊ぶ様子が会場に映し出され、この日一番の笑いを誘った「プププランド」が登場した。西村竜哉(Vo,Gt)、吉川淳人(Gt,Cho)、田中龍之介(Ba)、富田貴之(Dr)による神戸出身のフォークロックバンドは、今年「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」に出演。大きな舞台を経験した4人が、最高のエンターテインメントをみせてくれた。1曲目の愛らしい男心が綴られた歌詞と、甘酸っぱいメロディが心をくすぐる「おっぱい」で、会場をほんわかムードに。「速い曲をするだけがロックバンドじゃない!好きなように聞いて一緒に気持ちよくなれたら嬉しい」(西村)と「ミスタームーンライト」へ。吉川のブルージーなギターと西村のちょっとかすれた声に載せて歌う、ひと肌を感じる歌詞が、琴線に触れてくる。演奏を終え「生きててよかった!」(吉川)と飾らない言葉で気持ちを伝える姿もぐっとくる。最後はアルバム『BYE!BYE!BYE!』のリードナンバー、4つ打ちフォークロックの「メトロ」。ドラムの4つ打ちビートにのせて、遠くへ連れて行ってくれるような清々しい一曲。リズム隊の田中と富田の楽しそうに演奏をする表情が、さらに観客の笑顔を誘った。

文:西川有紀  撮影:田浦ボン

  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
  • ライブレポート 【プププランド】
PAGE TOP