× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

Anwish

ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】

撮影:田浦ボン

セットリスト
  1. 1)This Love
  2. 2)虹がかかるまで
「原曲をリスペクトしたうえで、僕等の味付けをするのがカバー」

7組のアーティストのライブ終了後に「Over 40 Award」のライブと表彰式が行われた。「Over 40 Award」は"Over 40だからこそ表現できるカバー曲がある"をコンセプトに、40代以上のメンバーがいるカバーバンドがエントリーできる企画で、Web投票によって1位を決定。Over 40 Award第1回目の1位に選ばれたのは、Afee(Vo)とNi-no(AGt)からなる実力派アコースティックユニット「Anwish」。ライブではエントリー曲である「Maroon5」の「This Love」を披露。男性ヴォーカルのロックナンバーをAfeeがハスキーで温かみのあるソウルフルな歌声で、女性らしく情熱的に歌い上げる。そして7弦アコースティックギターを繊細にかき鳴らすNi-noが、ギター1本で多種多様な音を表現。アグレッシブで幻想的に奏でる音に酔わせてくれる。二人がこの曲をそれだけ愛していることが演奏からも伝わってくるし、「Anwish」のフィルターを通すことで、新たな世界感を作りだした、評価に値する見事なクオリティだ。「ぜひオリジナル曲もみんなに聞いてほしい」(Afee)と、二人にとって大切なオリジナルソング「虹がかかるまで」で、再び華麗な歌声を披露。二人のハーモニーも息がぴったりで、聞いているだけで心が晴れていく。JAZZや洋楽を普段聞かない若い世代の観客にとって、新たな音楽との出会いの場にもなったはずだ。

文:西川有紀  撮影:田浦ボン

  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
  • ライブレポート 【Anwish】
PAGE TOP