× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

藤田悠也

ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】

撮影:河上良 / 森好弘

セットリスト
  1. 1)歩行者
  2. 2)弱虫モンスター
  3. 3)君に捧ぐ
「“がんばれ”じゃなくて、ちょっと寄り添うぐらいがちょうどいい」

今回のグランプリ決定ライブ唯一のソロアーティスト。全身を使うようにメッセージを届ける、王道シンガーソングライターは弱冠18歳。ストリートライブでの演奏は通算300回以上。始まりはしっとりと、ビブラートの効いた声でじっくり聴かせる藤田。会場の一番後ろまで透き通る歌声で包んだかと思えば、2コーラス目からはバックバンドが入り雄大なサウンドへと変化を付ける凄みを見せた。そんな興奮冷めやらぬままギターを掻き鳴らし「弱虫モンスター」へ。誰もが心の中に持つ弱さを認めてあげる、そんなテーマを激しくも優しく、一人ひとりに伝えるように歌い上げていく。最後は「シンガーソングライターなので、弾き語りで歌わせてもらいます」と「君に捧ぐ」を歌いだす。「人の痛みや悲しみは、その人にしか分からない。頑張れとは言えないけれど、少しだけ味方になれたら」。そんなメッセージを全身を使って届ける。歌詞も歌声も、ストレートなだけに胸に沁みる、そんな感覚を覚えたステージだった。

文:有佐和也  撮影:河上良 / 森好弘

※ このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
  • ライブレポート 【藤田悠也】
PAGE TOP