× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

ヤバイTシャツ屋さん

ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】

撮影:河上良 / 森好弘

セットリスト
  1. 1)喜志駅周辺なんもない
  2. 2)あつまれ! パーティーピーポー
  3. 3)ネコ飼いたい
「ヤバイTシャツ屋さんが始まるよ~」

一度見たら頭から離れない、中毒性のあるパフォーマンスがウリのエンタテイメント3ピースバンド。7組のトリをどんな演奏で飾ってくれるのかと思えば、ライトアップされて現れたのは画用紙を手に持った3人。「僕らの曲は大阪の地名がたくさん出てくるので、先に説明します!」と、歌詞に登場する貴志駅や天王寺との関係性を手描き地図で説明しまくる。続けて「スポンサーさんの名前もみなさん憶えてくださいね」とボケをかまし一気に会場を“ヤバTワールド”へ引きずり込んだ。ハードコアパンクなサウンドとキャッチ―なサビがノリの良い「喜志駅周辺なんもない」で勢いにのった後は、こやま(Gt,Vo)が「eo Music Tryってパーティーみたいなものじゃないですか」とMC。「パーティーピーポーのために曲作ってきました」と続けて「あつまれ!パーティーピーポー」へ。BIGCATのステージを一瞬で眩しく光り輝くディスコフロアへと変えた。最後も中毒性のある「ネコ飼いたい」で会場を盛り上げ、「100万円でネコ飼いたいんです」と最後まで笑いでしめてくれた。ボケとツッコミがはっきりした大阪ならではのパフォーマンスで、ヤバイTシャツ屋さんの強烈な存在感を、誰もが感じた時間であった。

文:有佐和也  撮影:河上良 / 森好弘

※ このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
  • ライブレポート 【ヤバイTシャツ屋さん】
PAGE TOP