× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

yonige

ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】

撮影:河上良 / 森好弘

セットリスト
  1. 1)さよならアイデンティティー
  2. 2)アボカド
  3. 3)さよならバイバイ
「幸せの数は人数分用意されていないのかもしれない。でも、悲しみの数も人数分ないのかもしれない。」

eo Music Try 2015グランプリ決定ライブの口火を切ったのは、牛丸ありさ(Vo,Gt)、ごっきん(Ba,Cho)、かねもと(Dr)の寝屋川発ガールズバンド、yonige。卓越したメロディセンスとガールズながらクールな魅力をあわせ持つ彼女たち。全曲作詞作曲を手掛けるのはオーストラリアと日本とのハーフである牛丸ありさ。彼女の切なくも勇気づけられる歌詞が共感を呼ぶ。幕開けに「こんなに早くから人が集まってくれて嬉しいです」とコメントし、「さよならアイデンティティー」で会場に漂う緊張感を切り裂くように疾走感のあるビートを刻んだ。その後、「幸せの数は人数分用意されていないのかもしれない」と切なくMC、そのままYouTubeで22万回以上の再生回数を突破した「アボカド」へ。ノリのいいビートと切ない歌詞で感情を煽った。続けて先のMCのアンサーのように「幸せの数は人数分用意されていないのかもしれない。でも、悲しみの数も人数分ないのかもしれない」と言葉を残し、悲しみと向き合い新たなスタートを切る「さよならバイバイ」へ。キレのあるガールズが“女子のカッコよさ”を見せつけてくれた。

文:有佐和也  撮影:河上良 / 森好弘

※ このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
  • ライブレポート 【yonige】
PAGE TOP