× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

Baby Leaf

ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】
  • ライブレポート 【Baby Leaf】

撮影:小林 俊史 / 森 好弘

セットリスト
  1. 1)ダイキライ。
  2. 2)空の向こうと。
  3. 3)僕が枯れる。
「ライブでギターの弦を切ったのは人生初です!」
5組目は紹介VTRでバンド名が呼ばれた瞬間、この日一番の歓声が湧いた「Baby Leaf」。2015年5月に梅本彩奈(Vo,Gt)、川端克紀(Ba)、野村泰尊(Dr)で結成し、若干1年余りでファイナリストまで登りつめた要注目の3ピースロックバンドだ。夢はメジャーへの階段を登ることという彼女らは、卓越したメロディーセンスで着実にファンを増やしている。
ライブレポート 【Baby Leaf】
「いけますかeo Music Try! いけますかBIGCAT!」と梅本が観客をあおり、人生で2番目に作ったという思い入れの深い「ダイキライ。」からスタート。センチメンタルな歌詞と歌姫と呼ぶにふさわしい梅本のハイトーンで突き抜ける歌声が、乙女心に訴えかけてくる恋愛ソングだ。極上のメロディーを見事なまでに歌い上げるそのステージは、歌モノ好きな音楽ファンも太鼓判を押すだろう。続いてはこのステージへと導いてくれたエントリー曲「空の向こうと。」を披露。4つ打ちのドラムのビートに観客の右手が自然と上がる光景が広がり、会場はさらにヒートアップしていく。
ライブレポート 【Baby Leaf】
ところが、最後の曲でアクシデント発生! 梅本のギターの弦が切れ、一瞬音が途切れてしまったのだ。しかしこの会場に来ているライブ好きたちにとってアクシデントはライブの醍醐味の一つ。その光景を温かく見守る観客が梅本の背中を押し、すぐに切り替え「僕は枯れる。」を精一杯の演奏と歌で魅せる。曲の終盤にさしかかると涙を堪えて歌う一面もあり、このステージへかける思いの強さが、さらに観客の気持ちを一つにした。
ライブレポート 【Baby Leaf】

文:西川有紀  撮影:小林 俊史 / 森 好弘

※ このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

ライブ結果 & ライブレポート

PAGE TOP