× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

河内REDS

ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】
  • ライブレポート 【河内REDS】

撮影:河上 良 / 森 好弘

セットリスト
  1. 1)男はみんなちょっとだけホモ
  2. 2)シルバーハート
  3. 3)レバーブロー
「出演番号5番、大阪一感じのいいバンド! 河内REDS、ヨロシク!」
タダミ(Vo)、サクラマサチカ(Gt)、ナカザワリョウジ(Ba)、セタ(Dr)による大阪南河内の4人組ロックバンド「河内REDS」。感情をむき出しにしたストレートな歌詞は、性別・年齢の垣根を越え注目を集めている、2年連続「COMIN’KOBE2017」に出演するほか、今年は初のワンマンライブも大成功を収め、勢いにのる彼ら。ファイナルステージでもなにわ感満載なエネルギッシュなライブをみせてくれた。
ライブレポート 【河内REDS】
「出演番号5番、大阪一感じのいいバンド! 河内REDS、ヨロシク!」と1曲目から「男はみんなちょっとだけホモ」を披露。さっそく河内ワールドを全開にして、お客さんを笑顔に変えていく。サビの「男はみんなちょっとだけホモ」のフレーズでお客さんにコールアンドレスポンスをあおり、「2F席!」とタダミが1FしかないBIGCATでおどけてみせれば、笑いがどっと起こる。続いて「長生きしような!君たちの50年後に捧げるナンバー」と「シルバーハート」へ。「わしをデイサービスに連れて行かんとって」を連呼する歌詞のインパクトの裏には、鋭いギターとベースの絡みもバッチリで、ロックバンドとしての軸の太さを証明。
ライブレポート 【河内REDS】
「今日も、ホモとかデイサービスとか、なかなかきわどいワードを出しているけれど、全て許してくれたeo Music Try センキュー!これは最後に俺たちからの餞別だ」とタダミが会場へ投げ入れる。一瞬戸惑うお客さんに「これは俺たちの夢だ。今は見えないけれど、のちのち見えるようになるかもしれない」と会場を爆笑の渦に。タダミの人懐っこい笑顔と路上ライブで鍛え上げた、一瞬でお客さんを引き込む力を、会場にいた全員が体感しただろう。
ライブレポート 【河内REDS】

文:西川 有紀  撮影:河上 良 / 森 好弘

※ このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

アーティスト別ライブレポート

PAGE TOP