× 閉じる

ライブレポートライブレポート live report

浪漫革命

ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】
  • ライブレポート 【浪漫革命】

撮影:河上 良 / 森 好弘

セットリスト
  1. 1)サマタイム
  2. 2)Lovely moon night
  3. 3)今夜だけ
「音楽人生の中で忘れられない刺激的な1日になりました」
今大会のトリを務めたのは、2017年5月に京都で結成した5人組バンド「浪漫革命」。じろー(Vo)、大池奏太(Gt)、じゅんごとー(Gt)、藤本卓馬(Ba)、TOY(Dr)は、結成からわずか3ヶ月で日本を代表する音楽フェス「SUMMER SONIC 2017」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL2017」に出演し、まさに破竹の勢いだ!音楽はいつだって黎明期であることを信じる革命児が、関西の音楽シーンのテッペンを目指す。
ライブレポート 【浪漫革命】
1曲目の「サマタイム」はおしゃれなサウンドに夏のワクワクが詰まったシティポップサウンド。青空と白い雲が広がる暑い日にスイカを食べるシーンが頭に浮かぶサマーソングは、夏のドライブにもってこい。洒落たギターリフにJ-RAPがミックスされたローファイながらも抜けの良いサウンドのなか“永遠にこんな夏休みが続けば”と歌う。また90年代のストリートスピリッツを感じさせるファッションセンスもキャラ立ち要素になっており、奏でる音楽との相性抜群!
ライブレポート 【浪漫革命】
「Lovely moon night」は男の子のキュンがつまったダンスナンバーとチルナンバーを携えた一曲。初めて聞くお客さんも自然と体を揺らせている。ゆとり世代だからこそ奏でられる音楽の懐の深さを感じずにはいられなかった。最後はこれまでの2曲とは異なるミディアムな「今夜だけ」を披露。結成1年に満たないことを感じさせない安定感と引き出しの多さ。甘酸っぱい風味と刺激を兼ね備えたあらゆる曲で、お客さんを気持ち良くさせたのは間違いないだろう。
ライブレポート 【浪漫革命】

文:西川 有紀  撮影:河上 良 / 森 好弘

※ このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

アーティスト別ライブレポート

PAGE TOP