関西/神戸ニュース詳細 01月14日 10:44

丘みどりさん「山崎は歌手への原点」 宍粟で凱旋公演

 昨年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たした兵庫県姫路市安富町出身の演歌歌手、丘みどりさん(33)=本名・岡美里=の「地元凱旋コンサート」が13日、宍粟市山崎町鹿沢の山崎文化会館で開かれた。約650人で満席となった会場からは「おかえり」の大歓声。同市の福元晶三市長も登壇して宍粟観光大使の委嘱式を行い、名実ともにスターの仲間入りをした丘さんの、さらなる飛躍に期待した。

 丘さんは両親が同市千種町出身で、山崎高校にも通った縁で観光大使に任命された。地元で初の単独コンサートに合わせ、委嘱式をした。

 ステージに登場した丘さんは「ただいま」とあいさつ。「デビューして13年。念願の紅白に初出場し、応援してくれた地元のみなさまに恩返しできた」と感謝し、「山崎文化会館は、初めておばあちゃんに連れてきてもらったホール。鳥羽一郎さんを見て演歌歌手になりたいと思い、ここに一人で立つ夢がついにかなった」と声を弾ませると、大きな拍手がわき起こった。

 福元市長は「丘さんの夢に向かう姿は、子どもたちの力になる。市民こぞって応援したい」と激励。委嘱状を手渡した。

 丘さんは伸びのある歌声で22曲を披露。歌の合間には「高校から自転車で帰る途中、よく夢公園(山崎町中広瀬)に立ち寄った」などと地元での思い出を振り返り、客席を歩いて一人一人と握手した。

 高校時代に世界史を教えた梅本昭生さん(65)は生徒と一緒に楽屋の丘さんを訪ね「十数年ぶりに会ったが『先生』と覚えていてくれて感激した。地元のファンを大切にする姿勢も伝わった。これからもっと活躍してほしい」と期待した。

【神戸新聞社】

各ニュース記事の著作権は新聞各社またはその情報提供者に属します。掲載記事の無断転載を禁止します。掲載記事について、新聞各社および情報提供者は一切責任を負いません。上記掲載の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ戻る