全国ニュース詳細 01月12日 16:49

北陸など大雪注意=気象庁1カ月予報

 気象庁は12日、1カ月予報を発表し、日本海側の降雪量は北海道と東北、近畿、山陰で平年並みか多く、北陸で多いと発表した。1月後半は北陸など東日本でかなり多くなる所があるとみられ、注意が必要。

 1月後半は冬型の気圧配置が強く、平均気温は沖縄・奄美を除いて平年並みか低いと予想される。特に今後1週間は東・西日本で低いという。 

[時事通信社]

各ニュース記事の著作権は新聞各社またはその情報提供者に属します。掲載記事の無断転載を禁止します。掲載記事について、新聞各社および情報提供者は一切責任を負いません。上記掲載の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ戻る