全国ニュース詳細 04月21日 20:48

森友学園、民事再生法を申請=負債16億円以上、再建目指す

 大阪府豊中市の旧国有地での小学校開校を断念した学校法人「森友学園」(大阪市)が21日、民事再生法の適用を大阪地裁に申請し、保全管理命令を受けた。小学校の建築費の支払いが滞っており、債務を圧縮して再建を目指す。籠池町浪理事長は同日夕に大阪市東淀川区のホテルで記者会見し、退任せずに幼稚園の運営を続ける考えを明らかにした。

 学園の代理人によると、負債は16億円以上あり、さらに増える可能性がある。25日に債権者に状況を説明し、5月初めには地裁が再生手続きを開始するかどうか判断するという。

 会見で籠池理事長は「さまざまな心配、迷惑を掛け誠に申し訳ありません」と謝罪。民事再生法申請に至った理由について「小学校ができなくなったことで今がある」と述べた。 

[時事通信社]

各ニュース記事の著作権は新聞各社またはその情報提供者に属します。掲載記事の無断転載を禁止します。掲載記事について、新聞各社および情報提供者は一切責任を負いません。上記掲載の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ戻る