全国ニュース詳細 09月14日 20:20

世界の海保トップ、初会議=38の国・地域・機関参加―東京

 世界の海上保安機関トップが集う初めての会議が14日、東京都目黒区のホテルで開かれた。38の国・地域・機関が参加。密漁、海賊などの海上犯罪や大規模災害に対する国際協力の在り方を協議した。尖閣諸島や北朝鮮のミサイルなど個別の問題は取り上げなかった。

 会議は海上保安庁と日本財団の共催。米国、中国、ロシア、ベトナム、オーストラリア、ジブチ、欧州海上安全庁などから、長官級やその代理が出席した。

 海上保安庁の中島敏長官が議長を務め、「世界が直面している課題を克服するため知恵と専門的技術、知識を結集することの重要性を確認した」などとする議長総括をまとめた。会議を重ねることや実務者レベルで協議することでも合意した。 

[時事通信社]

各ニュース記事の著作権は新聞各社またはその情報提供者に属します。掲載記事の無断転載を禁止します。掲載記事について、新聞各社および情報提供者は一切責任を負いません。上記掲載の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ戻る