スポーツニュース詳細/その他 01月12日 09:16

日体協の次期会長に伊藤氏=味の素会長、6月就任へ

 6月に任期満了で退任する日本体育協会の張富士夫会長(79)=トヨタ自動車名誉会長=の後任に、味の素の伊藤雅俊会長(69)の就任が有力となっていることが12日、分かった。

 新会長は6月の役員改選で新理事の互選で決まる。伊藤氏は11日の理事会で理事候補として新たに選ばれた。日体協の幹部は「2020年東京五輪・パラリンピックを控え、次期会長も財界出身者が望ましいという考えで一致している」と話した。伊藤氏は慶大出身で1971年に味の素に入社。2009年に社長、15年から会長を務める。

 味の素は03年から日本オリンピック委員会(JOC)とスポンサー契約を締結。09年にはトップレベル競技者らの強化拠点であるナショナルトレーニングセンター(NTC)の命名権を取得した。20年東京五輪・パラリンピック組織委員会とは国内スポンサーで最高位に次ぐオフィシャルパートナー契約を結んでいる。 

[時事通信社]

各ニュース記事の著作権は新聞各社またはその情報提供者に属します。掲載記事の無断転載を禁止します。掲載記事について、新聞各社および情報提供者は一切責任を負いません。上記掲載の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ戻る