スポーツニュース詳細/サッカー 04月21日 23:02

コスタリカ元会長を永久追放=FIFA汚職

 【ロンドン時事】国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会は21日、一連の汚職事件に関して複数の規約に違反したとして、コスタリカ協会元会長のエドゥアルド・リー氏を永久追放したと発表した。サッカーにかかわる全ての活動を、生涯禁じられる。

 リー氏はワールドカップ(W杯)予選の商業権に絡み、マーケティング会社に賄賂を要求して受け取った疑いが持たれ、昨年10月に裁判所で罪を認めていた。 

[時事通信社]

各ニュース記事の著作権は新聞各社またはその情報提供者に属します。掲載記事の無断転載を禁止します。掲載記事について、新聞各社および情報提供者は一切責任を負いません。上記掲載の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ戻る