スポーツニュース詳細/ボクシング 09月14日 12:23

田中、眼窩底骨折の疑い=WBO・Lフライ級

 13日の世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチで2度目の防衛を果たしたチャンピオン田中恒成(22)が所属する畑中ジムの畑中清詞会長は14日、田中の左目に眼窩(がんか)底骨折の疑いがあることを明らかにした。14日中に名古屋市内の病院で検査を受ける予定。同会長は「未来ある田中恒成。体を完璧に治すことを第一としたい」と述べた。

 これまで陣営では、同じ階級で世界ボクシング協会(WBA)王者の田口良一(ワタナベ)との王座統一戦を熱望していたが、畑中会長は「けがが治ったときに改めて次の展開を考えたい」と述べるにとどめた。 

[時事通信社]

各ニュース記事の著作権は新聞各社またはその情報提供者に属します。掲載記事の無断転載を禁止します。掲載記事について、新聞各社および情報提供者は一切責任を負いません。上記掲載の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ戻る