サブミッションポート・SMTP認証

サブミッションポート・SMTP認証とは?無料

サブミッションポートとは
eoや多くのプロバイダーでは、迷惑メールを減らすためのセキュリティー対策として、「25番ポートブロック(OP25B:Outband Port 25 Blocking)」を行っています。
「25番ポートブロック」を行っているプロバイダーの回線を用いてeoのメールを送信される場合、25番ポートを利用する従来のメール送信方法では送信ができない仕組みとなっており、回避策としてメール送信専用に利用するポートを、サブミッションポート(ポート番号587番)に変更いただく事で送信が可能となります。
サブミッションポートをご利用いただくにはSMTP認証が必要です
サブミッションポート(ポート番号587番)をご利用いただく際、メール送信時に利用者を確認するため、SMTP認証(SMTP-AUTH)が必要となります。

eoでは、開通時にお渡ししているセットアップマニュアル、eoかんたん設定ツール、ユーザーサポートでも、標準でサブミッションポートとSMTP認証を利用した設定をご案内しているため、お客さま側で特に設定を変更していただくことなく、他社回線や外出先でeoメールサービスをご利用いただけます。

SMTP認証よるサブミッションポート導入前後の違い

サブミッションポート導入以前
ポート番号:25
SMTP認証:なし
「25番ポートブロック」を実施している他プロバイダーのネットワークからはメール送信ができない。
サブミッションポート導入以後
ポート番号:587
SMTP認証:あり
迷惑メール送信に利用できないサブミッションポートを利用するため、「25番ポートブロック」を実施しているほかプロバイダーのネットワークからもメール送信が可能。

ご利用方法

お使いのメールソフトがSMTP認証に対応していれば、メールソフトの設定でご利用いただけます。

メールソフトを設定する(ユーザーサポートへ)

※現在は、サブミッションポートとSMTP認証を利用した設定を標準としてご案内しているため、上記サイトで設定内容に問題がなければ、お客さま側で特別な設定に変更していただくことなく、他社回線や外出先でeoメールサービスをご利用いただけます。